【体験談】33歳未経験で会計事務所へ転職できました

はじめまして、はらすけです。

僕は限りなくブラックに近い中小企業を退職後、30歳から勉強を始めて約6年で税理士になりました。(詳しい自己紹介はコチラ

33歳の時に税理士になるため、全くの業界未経験で会計事務所への転職にチャレンジしました。

今回は、その時の体験談を書いてみました。

関連記事 社会人が最短で税理士になるための完全ロードマップ

僕のスペック

転職活動をしていた当時の僕のスペックはこんなです。

・33歳(男)独身

・Fラン卒(理系)

・8年間、中小企業で営業職を経験

・科目合格(財務諸表論)

・大学院卒(税法2科目免除)

・東京の会計事務所への転職を希望

「資格の大原」主催の就職面談会に参加

税法2科目免除のために大学院に通っていた僕は、卒業と同時に就職できるように、大学院の在学中に就職活動をしていました。

勤務地については、一度は首都「東京」で仕事をしてみたいとう、ありがちな動機から東京での就職を決意しました。

しかし、生まれてから田舎を一歩も出たことがない僕は、東京に友達もいなければ親戚もいないという完全「アウェー」の状況でした。

33歳会計事務所未経験、知り合いもいなければ、コネもない、おまけにお金もないという状況で、僕が考えた作戦は就職面談会を利用するというものでした。

資格の大原が企画している「就職面談会」は会計事務所・税理士法人が一同に集うもので、8月と12月に開催されていました。

早速、申し込みをして参加予定の会計事務所の中から、3~4つ目ぼしい会計事務所に的を絞りました。

選んだ基準はというと・・・

・最低限1人暮らしできるだけの給料がもらえること

・税理士試験の勉強に理解があること

の2点でした。

履歴書はたしか5枚用意していったのですが、全部手書きでめっちゃ丁寧に書いた覚えがあります。

就職面談会は大原(水道橋校)で行われ、ホール内には所狭しと長机が並べられていました。

はっきり覚えていませんが、約50事務所ぐらい(もっとあったかな?)来ていたと思います。

1つの会計事務所に所長と従業員1~2名が座っていて、就職希望者は履歴書を手渡し、その場で面談をするというスタイルでした。

2つの会計事務所から内定をもらう

就職面談会の結果はというと、その日のうちに2つの会計事務所から内定をもらいました。

【内定先①:事業拡大中でイケイケの税理士法人】

多分50代のとても元気がいい所長で、僕のことを気に入ったらしく、その場で即内定をくれました。

なんて決断が早いんだと思いましたが、33歳で未経験だったこともあり凄くうれしかったのを覚えています。

就職面談会の後で事務所に招いて下さり、経営方針や給与体系などいろいろと親切に教えてくれました。

【内定先②:個人経営で従業員10名弱の会計事務所】

40代後半で、これまた元気がいい所長でした。

2代目税理士ということもあり、優良なクライアントを抱えており、バリバリ事業拡大しているという印象ではありませんでした。

就職面談会には僕と同年代の税理士と、税理士試験を受験している従業員もきており、2人とも好印象でした。

後で聞いた話では、採用はその2人の従業員に任せていたらしいです。

翌日、事務所に招いて下さり、いろいろとお話を聞かせてもらいました。

どちらか迷った結果、「内定先②:個人経営で従業員10名弱の会計事務所」に決めました。

決め手は「従業員」でした。

同年代で僕と同じく税理士を目指している受験生がいたので、未経験の僕でも職場に馴染めると思えたからです。

結局、約4年間その会計事務所のお世話になりました。

勤務期間中に資格も無事取得できましたし、結婚もでましたので4年という短い間でしたがとても良い事務所だったと感謝しています。

今でも東京に出向いた際は、いつも挨拶にお邪魔して食事に行ったりしています。

会計事務所に同年代で受験生がいたことは、良好な人間関係を構築するうえで好材料となりました。

ちなみに、その先輩も今では税理士になっています。

僕が転職活動をしていた2007年の完全失業率は3.9%(2019年は2.4%)と、現在と比べると高い水準でしたので、転職には苦戦するだろうと思っていましたが、運よく理想の会計事務所に拾ってもらえてラッキーだったと思います。

意識していたこと

①:熱意を伝えること

33歳地方出身で業界未経験という不利な立場でしたが、当時の僕には「熱意」だけはありました。

どう思われようと「熱意」は所長に伝えようと思っていました。

就職面談会のその場で「内定」を出すのは珍しいケースかもしれませんが、きっと熱意が伝わったんでしょうね。

②:今は修行の身であること

普通に生活さえできればよかったので、給料のことはあまり考えていませんでした。

なぜなら、未経験の僕にとっては実務を教えてもらえて、さらにお金までもらえるという感覚でした。

実務経験に飢えている人間ってこういう思考になるですね。

税理士は実務経験を積んで資格をとればいくらでも稼げるので、あまり最初から「お金、お金!」って言わない方がいいのではないかと思います。

なんせ修行の身ですから(笑)

就職面談会のメリットがある人

①:都会での就職希望者

東京、大阪、札幌、名古屋、福岡の「都会」にある会計事務所への転職を考えている方は、1度に複数の会計事務所と面談できるのでメリットがあります。

開催時期も税理士試験が終わる8月と、合格発表がある12月となっているので、税理士試験受験生にとっても都合のいいタイミングだと思います。

②:未経験者

会計事務所経験者の場合、同じエリアの会計事務所が集うため、今在籍している会計事務所が面談会に参加していたり、また、転職活動をしているという噂が業界内に広がる可能性があります。

税理士業界は税理士会などの会合も多く、横のつながりがありますので非常に狭い世界です。したがって、「あそこの会計事務所の職員が転職活動している」という噂が広がってしまうことが考えられますので、どうしても参加したい場合は注意が必要です。

その点、未経験者はそのような心配がありませんので、参加するメリットは大きいと思います。

最後に

会計事務所は個人経営のところが非常に多く、ホームページで積極的に情報発信しているところが少ないので、内部の情報が得にくいという問題があります。

退職理由の第1位と言われている「人間関係」に大きくかかわる「男女の比率」「年齢層の構成比率」「所長の人柄」などの内部情報を事前に得ておくと、ブラックな会計事務所に当たる確率を大幅に下げることができます。

今や企業の内部情報を得るには転職エージェンの活用は欠かせない存在となっています。

MS-Japanマイナビ税理士は経理職・会計事務所専門の転職エージェントです。転職エージェンは定期的に求人企業に訪問しているので、表面からは分かりづらい企業・会計事務所の内部事情に精通しています。

未経験で転職を考えている方はぜひ利用することをおススメします。

無料だからと言ってたくさんの転職エージェンに登録してしまうと、エージェントからのメールや電話の対応に追われて大変なことになるので、登録は「2~3社」程度にしておきましょう。

経理職・会計事務所への転職ならまず1番にお勧めししたいのがMS-Japanです。

25年以上、経理職・会計事務所に特化しているMS-Japanについては、僕の体験談を踏まえた解説記事がありますので参考にしてください。

⇩ ⇩ ⇩ ⇩

『MS-Japan』の特徴・評判・口コミは?税理士を目指すなら要チェック

2020年3月22日

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事 社会人が最短で税理士になるための完全ロードマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA