年間9万円の節約!車を安く乗る方法は「長く乗る」こと

田舎では「自動車」が必須アイテムです。

でも、車ってホント高いですよね?

最近では、軽自動車でも新車で200万円を超えます。

そこで、できるだけ自動車にかかる費用を抑える方法について書いてみたいと思います。

この記事を読んでメリットがある人

・車で見栄を張る気がない人

・車を「道具」として割り切っている人

・車にかかる費用をできるだけ抑えたい人

車にかかるコスト

まず、車にはどんなコストがかかるのか整理してみたいと思います。

車にはざっと以下のようなコストがかかります。

車にかかるコスト
・自動車の本体代

・ガソリン代

・車検代

・自動車税

・自動車保険

仮に、新車で200万円のコンパクトカー(排気量1.0~1.5リットル以下)を10年乗ったらいくらかかるのでしょうか?

・車両本体代 200万円

・ガソリン代 約1万円×12月×10年=約120万円

・車検代  約12万円×4回=約48万円

・自動車税 約3万円×10年=約30万円

・自動車保険 約5万円×10年=約50万円

10年間の合計は約448万円(1年あたり約44.8万円)です。

車を20歳から70歳までの「50年間」乗ると仮定すると、

448万円×5台=約2,240万円かかります。

1台を10年間乗っているので、決して贅沢な乗り方ではありませんが、一生で考えると車にかかるお金は凄い金額になります。

「長く乗る」のが最強!

では、安く乗るにはどうしたらよいのか?

やはり一番コストの割合が高い「自動車本体代」を安くすることを考えるのが一番効果的です。

車の本体代を下げるための方法は「大事に長く」乗ることです。

僕が乗っている車は「平成17年(2005年)式 マツダ デミオ」です。

 

出典:カーセンサーHPより

中古で80万円で買って、まる8年乗っています。

8年間にかかった費用はざっくり次のような感じです。

・車両本体代80万円

・ガソリン代 約1万円×12月×8年=約96万円

・車検代  約15万円×3回=約45万円

・自動車税 約3万円×8年=約24万円

・自動車保険 約5万円×8年=約40万円

8年間の合計は約285万円(1年あたり約35.6万円)です。

先ほどの例の、200万円の新車を10年間乗る場合の年間コスト約44.8万円と比較すると年間コストが約9万円安いです。

長く乗れば乗るほど年間コストは下がります。

デザインや特殊な機能にこだわらず、車をあくまでも「道具」として割り切って考えるなら、1年で10万円、10年間で100万円のコスト削減も可能です。

どんな車を選べばいいのか?

では、どんな車を選べばいいのか?

結論は「人気車種」です。

何故かというと、メーカーから部品供給される年数が長いからです。

自動車メーカーには、販売車両の生産後も一定期間部品供給を続ける義務があります。

トヨタ自動車では、生産終了から約10年を目安にしているようです。

出典:トヨタ自動車HPより

しかし、人気車種で生産終了後もその人気が衰えず、多くの人が乗っているような車種なら、生産終了から10年を過ぎても20年過ぎても部品が製造され続ける可能性があります。

ちなみに、僕が乗っているマツダのデミオは、2007年ごろまで生産されており、生産終了から12年ほど経過していますが、未だに街中でよく見かけます。

このような人気車種は、今後も部品供給が行われるのではないかと予想されます。

したがって、購入の際には「人気車種」を選ぶことをお勧めします。

ライトを磨けば古さを感じない

長く乗ると、どうしても古ぼけた感じになります。

それが、顕著に現れるのが「ヘッドライト」です。車のヘッドライトは、紫外線や経年劣化が原因で年数を重ねると黄ばんで曇ってきます。

ライトが黄ばんで曇っている車って、すごく古さを感じますよね。

そんな時はカーディーラー等にお願いすれば、ヘッドライトを磨いて再コーティングしてくれます(9,000円くらいでしてくれました)。

そうすることで、透明なヘッドライトに蘇ります(下の写真は製造から14年経っている僕の車です)。

最後に

自動車メーカーや、中古車販売店は車を買って欲しいので「車を長く乗った方が得ですよ」とはあまり言わないです。

しかし、車のコストを一番安く抑える方法は「大事に長く乗る」ことです。

物が豊かになり、日本でも「買った方が安い」という風潮が強くなってきましたが、外国にはない日本の伝統文化「もったいない」の精神をもう一度考え直すべきではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です