税理士を目指すなら何歳までが限界?クリアすべき4つの問題点を把握しておこう

はじめまして、はらすけです。

僕は限りなくブラックに近い中小企業を退職後、30歳から勉強を始めて約6年で税理士になりました。

詳しい自己紹介はコチラ

昨年2019年は上場企業でリストラの嵐が吹き荒れました。

そんな社会環境に不安を感じ、定年がなく自由な働き方が可能な「税理士」という選択を考えている方もいらっしゃると思います。

この記事では、社会人が税理士を目指す年齢の限界、クリアすべき様々な問題についてまとめてみました。

関連記事 社会人が最短で税理士になるための完全ロードマップ

税理士を目指す年齢の限界は?

結論からいうと年齢の限界はありません!

過去には69歳で合格された方がいらっしゃるようです。

この記事を読んでいるあなたは、きっと将来実現したい思い描いているはずです。

・もっとお金を稼ぎたい

・定年なく仕事を続けたい

・子供たちやペットを身近に感じながら仕事をしたい

・会社に頼らず自分の力で稼げるようになりたい

・難関資格を取得して周囲から一目置かれたい

これは、日本資本主義の父として知られる渋沢栄一の言葉です。2024年から新しい一万円札の顔となる人です。

夢なき者は理想なし。

理想なき者は信念なし。

信念なき者は計画なし。

計画なき者は実行なし。

実行なき者は成果なし。

成果なき者は幸福なし。

ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。

つまり、

幸福になりたかったら夢を持ちましょうという内容です。

なので、「夢」を持った時点で自分が求める幸福へと確実に一歩近づいているということです。

あとは、税理士になって夢を実現したいという「強い気持ち」があるかどうかだと思います。

年齢の限界はありません!

渋沢栄一について詳しく知りたい方は「論語と算盤(そろばん)」をおススメします。


クリアすべき問題を把握する

夢を実現するにはまず計画を立てる必要があります。

では、計画を立てる上で考慮しなければならない問題点を挙げてみたいと思います。

①:勉強時間がとれるか?

税理士試験はとにかくメチャクチャ勉強しないと合格できません。

どれくらいかというと、僕の場合は1年間で約1,000時間勉強していました。

具体的にいうと、

・平日は2~3時間

・土日祝日は6~7時間

といった感じで1年間を過ごすと、勉強時間が約1,000時間になります。

しかし、仕事が忙しかったり、子育てに追われたり、、、といった事情で勉強時間がなかなか確保しずらい方もいらっしゃると思います。

そのような場合には、、、

・時間を作る方法を考える

・少ない時間でも効率的に学習できる方法を考える

といった対策をとる必要があります。

勉強時間を確保するおすすめの方法は

日常のちょっとした隙間時間を利用して受験勉強する」という方法です。

具体的には、スマホを触っている時間を利用すれば簡単に勉強時間を確保できます。

一日にスマホをどれくらいの時間触っていますか?

SNS、ゲーム、ユーチューブ、ネットサーフィン、、、

かなりの時間をスマホに充ててませんか?

ちなみに、ニールセン・デジタルが2020年3月24日に発表した統計によると、一日のスマホ利用時間は平均で3時間46分だそうです。

1年間だと1,374時間もスマホを触っていることになります。

出典:マイナビニュース

そう考えると、一日に1~2時間くらいは簡単に勉強時間は確保できます。

近年、スマホを利用して資格の勉強ができる「スタディング」という教材を利用する方が急増しています。

勉強時間の確保に問題があると感じた方は、下の記事を参考にしてみてください。

【2020年税理士試験】社会人におすすめの予備校・通信講座3選

2020年3月17日

【スタディング】税理士講座の評判・口コミ・価格は?現役税理士が解説します!

2020年1月24日

②:周囲からの反対にどう対処するか?

これは結構難問です。なぜなら「相手」があることだからです。

税理士試験は超過酷な試験で、ほとんどの受験生が1科目すら合格できずに撤退します、、、。

さらに、必ず「転職」が必要となりますので、収入面でも今後どうなるのか不透明です。

現在、あなたが「一家の大黒柱」となっている場合、家族を説得するためにはかなりの時間と労力を必要とする可能性があります。

僕は30歳で会社を辞めて、本格的に税理士試験に突入しましたが、家族からの反対はかなりありました。

理解を得るまでに2年くらいかかりました・・・。

税理士試験には膨大な勉強時間を必要とするため、周りの家族に迷惑をかけてしまうことを認識しておいて下さい。

税理士試験は家族の協力なしでは達成できない人生の「大プロジェクト」です。

しっかりご家族と話し合って、理解を得てから試験に臨むことをお勧めします。

③:費用の問題を解決できるか?

税理士試験は、11科目のうち5科目に合格しなけばなりません。

毎年一科目ずつ合格を重ねて、3~5年で税理士になることが出来れば大成功です。

しかし、短期間で合格できるのはごく一部の人のみで、平均すると取得までに約10年かかると言われています。

実際に資格取得までにかかる「予備校」の受講料は、80~150万円です。

予備校の受講料が分かる記事はこちら⇒【2020年税理士試験】社会人におすすめの予備校・通信講座3選

また、1年でも早く税理士資格を取得するためには、大学院を卒業することで得られる「税法2科目免除」という選択肢も視野にいれておく必要があります。

現在では、大学院を利用する方がむしろ一般的になりつつあります。

年齢が高くなるほど、大学院での2科目免除の必要性は高くなります。

大学院は2年間通うことになるのですが、2年間で約200万円の費用がかかります。

その他、在学中の生活費、転職して収入が減ることなどを想定して、あらかじめ資金計画を立てておきましょう。

十分な貯蓄や不労所得があれば問題ありませんが、ない場合には配偶者・両親・銀行などから資金を調達することも検討してみましょう。

④:早めに転職できるか?

税理士会に登録することで始めて「税理士」を名乗れるようになり、税理士業務を行なうことができます。

そのためには税理士事務所、税理士法人で2年の実務経験が必要となります。

もし、異業種から税理士への転身を希望される場合、会計事務所(ちなみに税理士事務所も同じ意味です)や税理士法人に転職する必要があります。

転職において「若い方が有利」なのは会計士事務所、税理士法人でも同じです。

多く実務経験を積むためにも、できれば若いうちに会計事務所に転職しておくことをお勧めします。

近年、税理士業界は人手不足の状態で、税理士に限らず資格を持っていない一般従業員も「売り手市場」となっています。

マイナビ税理士「税理士は今、売り手市場!転職・就職をするなら今がチャンス」

このような状況なので、未経験者を採用したり、試験勉強を積極的に応援してくれる会計事務所も増えています。

僕が以前勤めていた税理士事務所では、毎年税理士試験の直前に1週間ほど「試験休暇」を取らせてくれました。

また、僕の友人で税理士法人に勤めながら大学院に通い、2科目免除を受けて税理士になったというケースもありました。

勉強しながら、会計事務所で実務経験を積みたいという方にとっては良い環境になってきました。

転職成功事例をみてみる⇒マイナビ税理士

税理士事務所の求人を見てみる⇒MS-Japan

【2020年5月】新型コロナは会計事務所への転職事情にどう影響するのか?

2020年5月5日

『MS-Japan』の特徴・評判・口コミは?税理士を目指すなら要チェック

2020年3月22日

【体験談】33歳未経験で会計事務所へ転職できました

2019年10月31日

まとめ

・強いやる気さえあれば税理士を目指す年齢に限界はない

・勉強時間をどう確保するかを検討しておく

・周囲からの反対にどう対処するか検討しておく

・費用の問題を検討しておく

・早めに転職できるか検討しておく

あなたが「夢」を実現したいという気持ちが強ければ、年齢に関係なく税理士を目指すことは可能だと思います。

あとは具体的に計画を立て、行動するだけです!一番若い今が最大のチャンスであることは間違いありません。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事 社会人が最短で税理士になるための完全ロードマップ

 

 

【2020年税理士試験】社会人におすすめの予備校・通信講座3選

2020年3月17日

【スタディング】税理士講座の評判・口コミ・価格は?現役税理士が解説します!

2020年1月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA