【婚活体験談】税理士を目指す低年収のアラフォーでも結婚できるのか?

・遅い年齢から税理士試験を始めた・・・

・不幸にも不合格が続いてしまい税理士試験が長期化してしまった・・・

など、気が付いた時には「そろそ婚活しないと!」っていう状況になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は僕も30歳から受験を開始し、気が付けば35歳のアラフォーになっていました。

当時の僕は「税理士資格もなし!低収入!アラフォー!Fラン卒!」ということでかなり状況は悪かったです。

今回は、当時の体験をもとに税理士試験の受験生の婚活について考えてみました。

なお、この記事は「男性側の立場」で書いておりますのでその点ご了承ください。

結婚適齢期とは

そもそも結婚適齢期とはいったい何歳ぐらいを言うのでしょうか?

厚生労働省が行なっている「人口動態調査」が参考になりそなので見てみましょう。

表の中の初婚率(男性人口千対)とは、男性人口1,000人あたりでどのくらいの方が婚姻したかを表して います。

この統計を見ると、男女とも20~34歳で結婚されている方が多いです。特に25~29歳での結婚の多さが際立っています。

一般的に結婚適齢期というと、25~34歳くらいをいうのではないでしょうか。

税理士試験の受験生が婚活に不利な点

僕が実際に受験生時代に婚活をしていて「これ不利だわ~」と感じた点を挙げてみたいと思います。

①:難関資格なのに認知度が低い

税理士は難関国家資格であるにもかかわらず、その認知度が低いということです。

僕は受験生時代、8月の試験が終わってから3カ月ほど「お見合いパーティー」に毎週のように通っていました(合計20回以上参加しました)。

お見合いパーティーに最初は抵抗がありましたが、年齢も切羽詰まっていたので参加することにしました。

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」です!

ちなみに僕が通っていたエクシオ(有楽町)は女性参加者が多く男性側からは好条件でした。

お見合いパーティーの参加人数はいつも男女それぞれ30人ぐらいで、最初に参加者全員と会話するチャンスが与えられます。

バラエティ番組でよく見るお見合い回転寿司てやつです。

会話時間は約3〜5分程度で、お互いに自己紹介をしなくてはなりません。

いつも「税理士事務所で働いています」と伝えるのですが、税理士という職業を知っている人はほとんどいませんでした・・・。

税理士事務所のことを説明するだけで貴重な会話時間が終わってしまうので、仕方なく婚活終盤の方は「職業は事務ですと言うことにしました。

みなさんお馴染みの「税理士」ではないことをこの時知りました。

確かに、テレビで弁護士や医師などを題材にしたドラマはよくありますが、税理士を題材にしたものは見たことがありません・・・。

冷静に考えると認知度がないのもうなずけます。

②:出会いが少ない

税理士試験の受験生はとにかく出会いが少ないです。

その理由は年中、勉強と仕事に追われているためとにかく忙しいからです。

受験生が少しゆとりを持てる期間は、税理士試験が終わる8月から仕事が忙しくなる前の11月末までです。

ゆとりを持てるといっても、毎日数時間の勉強はずっと続けているので、一般的にいう「ゆとり」とはかけ離れているかもしれません。

年に3~4ヶ月しかまともに婚活できないので、そりゃ出会える機会が少なくても仕方ないかもしれません。

③:年収が低い

税理士資格をとれば仕事に専念できるし、頑張れば独立開業し年収がアップする可能性があります。

しかし、受験生は当然資格がありませんし、受験のため仕事量をセーブしている場合もあるので年収は低いです。

税理士事務所で働く従業員の給料は自分が稼ぎ出す「売上」と連動していることが多いです。

経済力は結婚する上で無視できない部分なので、税理士試験の受験生にとっては不利であることは間違いありません。

④:税理士になれるのかどうか不透明である

税理士試験はとにかく長丁場で、取得するまで平均10年かかると言われています。

また、合格率10~15%の試験を5科目クリアしなければならないという超難関です。

税理士資格を取得すれば、独立開業などの夢も膨らみますが果たしてそれがいつになるのか?

そもそも資格を取得することができるのか?といったことが相手の女性を不安にさせる原因となります。

税理士試験の受験生が婚活に有利な点

不利な点ばかりではありません!

もちろん相手にアピールできる有利な点もあるので挙げてみました。

①:明確な「夢」がある

世間には「自分は何がやりたいのか分からない・・・」といった人も多いですよね?

その点、税理士試験の受験生はやりたいことがはっきりしているので行動に迷いがありません。

何かひとつの物事に、思い切り打ち込む姿に好印象を受ける女性も必ずいるはずです。

②:真面目である

税理士を目指す人は基本真面目だと思います。

仕事が終わり、そのまま予備校に直行して勉強という毎日を何年も続けています。

そんなあなたの姿を見て相手も結婚したら真面目に仕事を頑張ってくれそうというイメージを持ってくれるはずです。

だれしも結婚に失敗したくないです。そのための条件として「真面目」であることはポイントが高いと思います。

③:話題が豊富

税理士の仕事は、普段いろいろな業種の経営者と話をするので、サラリーマンでは知ることができない会社経営の事や、普通の人が苦手とする税金、社会保険、銀行関係、生命保険などの「お金」に関する知識が豊富なので、話していて飽きない印象を持たれやすいです。

豊富な知識が認められ、いざというときにあの人に聞けば!と頼りに思ってもらえれば、ポイントを稼ぐことができます。

受験生の時こそ婚活のチャンス!

税理士試験の受験生はアピールできる有利な点があるとはいえ、年中忙しく、年収も低く、将来が不透明といった点はマイナスが大きいと思います・・・。

しかし!

もし、こんな状況のあなたを好きになってくれる人がいたとしたら、その女性はきっととってもいい人だと思います

なぜなら、年収や肩書きとか無くても気に入ってくれたわけですから!

受験生は婚活の時間がなかなか取れなくて大変だと思いますが、年収や肩書に左右されない素晴らしい女性を探す絶好のチャンスだと思います。

よって、僕は条件が不利な受験生時代にこそ結婚相手を見つけることをオススメしたいです。

さいごに

税理士資格なし、Fラン卒、低収入、アラフォーでも結婚できます!

もしかしたら、婚活がツラくて諦めそうになっているかもしれませんが今が頑張りどころです。

僕は受験生時代に婚活パーティーで家内と知り合い、税理士になった翌年に無事結婚できました。

もちろん、上記で書いた有利な点を全面的にアピールしました(ちょっと嘘もついたかも)!

やはり、お見合いパーティーでとにかく数を打ったのが良かったのではないかと思います。

今思えばよくこんな僕と付き合ってくれたな~って感謝しています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

【スタディング】税理士講座の評判・口コミ・価格は?現役税理士が解説します!

2020年1月24日

全然恥じゃない!大学院2科目免除で税理士になった方がいい理由

2019年12月12日

税理士試験に3年連続で落ち続けた!合格までモチベーションを維持できた3つの理由

2019年12月12日

【2019年版】夢がある!税理士の年収っていくら?女性税理士は?

2019年12月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です