【スタディング】税理士講座の評判・口コミ・価格は?現役税理士が解説します!

「お金」と「時間」を得て、理想のライフスタイルを実現したいという理由から税理士を目指す方も多いと思います。

しかし、税理士資格を取得するためには「お金」と「時間」が必要になります。

じゃ、どうすればいいの~!

ていうジレンマに悩んでいる方も多いと思います。

そのジレンマを解決してくれるのがスタディングが提供している「スマホ学習」です。

税理士試験に興味がある方なら一度は「スタディング」のロゴマークを見たことがあるのではないでしょうか?

そして、価格が安いしちょっと気になるなと思う方も多いはず。

スタディング税理士講座は2015年末に簿財2科目から開校。その後は官報合格者も出るなど、近年「スタディング」を受講する方が急増しています。

そこで今回は、現役税理士である僕が実際に「スタディング税理士講座」の無料講座を実際に体験してみました。

僕は大手予備校の「TAC」と「大原」での受講経験があり、どちらの予備校でも科目合格した経験があります。

僕の主観ではありますが、大手予備校とスタディングとの違いについても合わせて書いていますので、スタディング税理士講座を検討されている方は参考にしてみて下さい。

すぐにスタディングの内容を見たい方はこちらをどうぞ ⇒ スタディング税理士講座

スタディング税理士講座をおススメしたい人

①毎日が忙しくて勉強時間が限られている人

②勉強の継続が苦手な人

③お金に余裕がない人

④公認会計士・税理士の方で未学習の税法を勉強したい方

⑤簿記の知識ゼロだけど税理士になりたい方

期間限定の割引キャンペーン

スキルアップ割引制度

次に該当する方は受講料が割引になります!

割引の対象者
・過去にスタディングを受講したか方

・現在スタディングをご受講中の方

割引情報の詳細

スタディング税理士講座の評判・口コミ

スタディングのホームページで公開されている合格者の体験談を一部抜粋してみました。

簿記論・財務諸表論

・学習方法は色々なものに手を広げずスタディングで提供されるものだけをとにかくやりました。

・仕事をしながらの勉強でしたが、約7カ月間の勉強期間で簿記論に合格することができました。スタディングの税理士講座は合格に必要な最低限の知識を身に着けることができると思いました。

・学習を始めたのが11月。予備校の通学授業はすでにカリキュラムが進んでしまっていたため、通信講座で費用の安いものをと考えて受講を決めました。
結果として、初受験となった簿財2科目に一度で合格することができました。

・今回、簿記論と財務諸表論に合格しました。通勤時間や隙間時間にとにかく少しでも勉強するというのを繰り返しました。紙の教材では、持ち運びが難しく、継続できていなかったと思います。

・6歳の息子と2歳の双子の息子の子育て中なので、勉強時間は夜中しか取れませんでした。
そんな中でも、スタディングは自分の時間とペースで勉強出来たので良かったです。

・通学の予備校等とは異なり、行き帰りの時間もかからず(図書館や自習室との往復程度でした)、スマホがあれば見れる環境がやはり勉強時間の確保に繋がっていたのだと感じております。

・当初は、金額面でも大手と比べるとかなりリーズナブルであり若干の心配もあったのですが、中村先生の授業は非常にわかりやすく、講義も短い時間でコマ切れになっているため、働きながらでも無理なく勉強を進めることができました。

・非常に分かりやすい授業内容となっており、毎日動画を見ることを楽しみながら行うことができました。本当にコスパの良い教材だと思われます。

・試験が近くなる頃には理論暗記ツールで暗記した内容をノートに書いて正誤を確認しながらひたすらアウトプットをしました。少なくとも全体を3回転ぐらいはしました。

・私にとって、日常の仕事の業務でも使用しているパソコンやスマホを使って勉強できることは、紙に字を書いて覚える方法より効率が上がりました。

・財務諸表論では理論暗記ツールが非常に役に立ちました。
風呂に浸かりながら理論暗記ツールを見ることでリラックスしながら理論を覚えられたと思います。

・スタディングの教材をしっかり学習できれば簿記論・財務諸表論は十分合格できると思います。答練の問題、解説の質は十分高いので、あとは自分のペースで継続して学習できるかだと思います。

・移動中、子供達のお稽古の待ち時間、夜寝る前や朝起きてすぐと、3分でいい、1分でいいからスマート問題集や理論暗記ツールを開くよう心がけることで、コツコツと勉強を進められました。

・計算問題や理論問題をタブレットやスマホでできるため便利でした。他の受験校ではないサービスになります。

・空いた時間をムダにすることなく、その時々のスタイルで学習出来たことが大変良かったです。結果、働きながら簿記論・財務諸表論を初学一発合格することが出来ました。

・スタディングを活用することにより、簿記論・財務諸表論ともに一発合格することができました。講座担当の中村先生のわかりやすい、ツボを押さえた講義が合格を勝ち取るための大きな武器になりました。

・1単元あたりの講義時間が短いので、勉強に取り掛かるハードルが下がり、これは結果として勉強を継続することにつながったと思います。時間のない人には特におすすめです。

税法科目

・私は途中他社の理論の本にも手を出したが最終的にはスタディングの理論暗記ツールに戻ってきた。なぜなら他社のは細かすぎて覚えることができなかったからだ。
働きながら合格するには理論暗記ツールを暗記すれば十分だと思う。

・税理士試験は長丁場なので、いつもモチベーションの維持に苦労してきました。
今回は、勉強仲間の機能があったため、毎日の勉強時間を記録したり、コメントしたりで、継続して勉強する意欲をもつことができました。

・この度、法人税法を無事に科目合格することができました。
担当講師の藤田先生の講義は、試験上重要な部分は制度の趣旨から丁寧説明してくださり、不要な部分はあっさりとメリハリのあるもので、とても分かりやすかったです。

・藤田先生の講義はメリハリが利いていて、最初から最後まで集中して視聴することができました。スタディングの最大の利点は価格が安いこともそうですが、すべてが電子教材で提供されているので、テキストや問題集を持ち運ぶ必要がないことだと思います。

スタディング 税理士講座で合格された方々の合格体験談はこちら

スタディング税理士講座の価格

スタディング税理士講座はTACや大原などの大手予備校に比べ圧倒的に低価格です。

例えば、ほとんどの税理士試験の受験生が一番最初に選択する「簿記論」「財務諸表論」をセットで受講する場合、1年間の受講料はTACでは375,000円(税込)大原では383,000円(税込)となっています。

それに対し、スタディング税理士講座は簿記論・財務諸表論をセットで受講できる「簿財2科目合格コース」の1年間の受講料は71,478円(税込)と大手予備校の1/5程度です

スタディングは「オンライン講座のみ」なので、大手予備校のように全国にある学校の家賃や講師、従業員にかかる固定費が一切かからないことが安さの理由です。

そしてここからが重要です。

試験に一発で合格できればいいのですが、もし万が一不合格となってしまってもスタディングは格安で再受講することができます。

受験生時代ド貧乏だった僕は、試験に不合格となるとガッカリすると同時に、翌年の予備校の受講料をどうやって捻出するかが悩みの種となっていました

一科目の受講料が15~20万円かかる大手の予備校と比べると超格安なのが分かります。

通常受講(新規)と再受講する場合の価格は次のようになっています。

スタディング税理士講座のコースと価格一覧を見てみる

スタディング税理士講座の特徴

短期合格を目標としている点

スタディングのカリキュラムは

短期間で税理士試験に合格した人の勉強法を徹底的に研究して開発されています。

大手予備校とスタディング税理士講座のカリキュラムには、次のような違いがあります。

大手予備校
試験の出題範囲を漏れなく網羅的に学習する。
スタディング
出題頻度が高い必要最小限の知識を徹底的に学習する。

忙しくて勉強時間が限られている方が、大手予備校のような広い学習範囲を詰め込もうとすると、消化不良になってしまい出題頻度が高い重要な項目の勉強が手薄になってしまう可能性があります

勉強時間をガッツリ取れる人と、そうでない人とでは学習範囲や勉強方法が違ってくるのは当然のことだと思います

出題頻度が高い問題を確実に回答できるだけの必要最低限の知識さえあれば、十分試験に合格できることを身をもって実感しました。

僕が簿記論に合格した時は、簿記論の勉強時間はほぼ「0時間」でした。

その時の体験談は下の記事にまとめてあります。

簿記論に4回も落ちた!5回目で分かった合格に必要なこと

2019年11月2日

税理士試験で合格するためには「解ける問題を確実に合わせる」ことがとても重要です。

そういった面では、スタディング税理士講座は忙しくて勉強時間がない方が、限られた勉強時間で短期合格するために適したカリキュラムと言えます。

出題頻度が高い必要最小限の知識といっても、スタディング税理士講座が提供するカリキュラムのボリュームはかなりのものです。

下記は「簿財2科目総合コース」のカリキュラムです。

スタディング税理士講座の各科目のカリキュラムを見てみる

②スキマ時間を有効活用できる点

スタディングはいつでもどこでもちょっとした「スキマ時間」を有効活用して学習できるよう、スマホ・パソコンでの学習が可能になっています。

スキマ時間を利用しようとしたら「教材」を常に持ち歩く必要があります。

しかし、テキストや問題集を常に何冊も持ち歩くのは正直無理です

実際、僕は「理論マスター(TACが出版している税法の条文だけ書いてある本)」一冊しか持ち歩いていませんでした。

なので、スキマ時間で勉強できることは財務諸表論や税法科目の「理論」に限られていました。

しかし、スタディングならすべての教材がスマホ内に収められているので、外出先でのスキマ時間で、理論の勉強だけではなく計算問題も復習できる点はメリットがあると感じました。

また、勉強していて「あれ?どうだったかな?」と思ったときに、いつでもスマホでテキストの内容を確認できる点はメリットがあります。

大手予備校で提供されるテキストやトレーニング問題の量は膨大なので、僕は予備校の「貸しロッカー」にいつも入れていました。

なので、後でテキストを見直したいときにすぐに確認できないのは結構不便でした。

そのうち内容を確認すること自体忘れてしまっていたり・・・苦笑

その点、スマホに全ての情報が詰め込まれているスタディングは、いつでもどこでもテキストの内容を確認できるので非常に便利だと思います。

スタディング税理士講座の教材を見てみる

③勉強を毎日継続しやすい点

税理士試験で最も大切であり、最も難しいのが「勉強を継続する」ことです。

税理士試験に合格できるかどうかは「勉強の継続」にかかっていると僕は断言できます!

1年間、毎日勉強を継続できれば合格する確率はかなり上がります。

ほとんどの受験生は勉強が続かずに脱落していきます。

あなたもこんな経験ありませんか?

3日間くらい全く勉強しない日が続くと、「どこかで3日分挽回しないと・・・」というプレッシャーから、勉強することがどんどん苦痛になってきて、そして勉強をやめてしまう・・・。

実際、予備校に通っていたころ、どんどん周りの受講生が減っていくのを見てきました。

高い受講料を払って、最後までカリキュラムを受講しないってとてももったいないですよね?

スタディング税理士講座では、その最大の難問である「勉強を継続する」ための工夫が随所に見られます。

①講義が細かく分割されている

1つの講義が30~60分にまとめられていて、さらに5~10分に分割されているのでちょっとしたスキマ時間を利用して少しづつ講義を見れるところが良いと思います。

テレビ番組を見ている感覚で、テキストを見なくても講義が受けられます。

もちろん、WEBテキストを見ながら講義を視聴することも可能です。

【講義画面】⇩

【WEBテキスト】⇩

僕は寝る前に「布団の中」でスタディングの講義を見てました。

スマホにすべてのカリキュラムが入っているのでこんなことも可能なんですね。

仕事が忙しくて疲れ果てて「今日は全く勉強できなかった~」ていう日でも、布団の中で寝る前の数分でも勉強することが出来れば、モチベーションが維持できます。

とにかく数分でもいいから、毎日勉強するということが税理士試験においてはめちゃくちゃ大事なんです。

重要なので何度も繰り返しますが、1年間勉強を継続できれば合格率は格段に上がります!

また、講義の視聴スピードも「1.5倍速」「2倍速」が選択でき、効率よく講義を視聴できます。個人的には、2倍速でも問題なく視聴することができました。

パソコンでは「3倍速」まで選択できますが、3倍速は聞き取ることがちょっと難しいですね・・・。

②「スマート問題集」

スマホを使って「ゲーム感覚」で問題を解くことができる問題集です。

1つ講座が終わるごとに出題され、問題を解くと回答データが記憶されます。

僕も受験生時代、講義を聞いている時は内容を理解しているような気になりますが、いざ問題を解こうとすると「あれ?解けない!」なんてことが多々ありました。

講義を聞いた直後はパソコンで言う「ダウンロード」に似ています。練習問題を解くことで初めて使える知識として「インストール」されるイメージですね。

また、「復習モード」を使って、過去に正答率が低かった問題を抽出して繰り返し解くことで、苦手な論点を克服することができます。

勉強のモチベーションが下がっている時って、机に座りテキストや問題集を開くことがとても高いハードルに思うんですが、スマホを開くだけならかなりハードルが下がりますよね?

実際に「ちょっとだけ勉強しよう」と思って、布団の中で講義を見始めるとついついスマート問題集もやったりして、結局「1時間」くらい勉強してたということもありました。

スタディング税理士講座の教材を詳しく見てみる

④無料講座で試せる

スタディング税理士講座は「これでもか!」っていうくらい沢山の無料体験ができます。

スタディング税理士講座では

税理士講座の科目
「簿記論」「財務諸表論」「法人税法」「相続税法」「消費税法」「国税徴収法」

6コースが用意されていますが、提供されるすべての教材を無料体験できます。

無料体験できる教材
①:実際の講義

②:スマート問題集

③:トレーニング

④:理論暗記ツール

⑤:テーマ別演習

⑥:実力テスト

⑦:直前対策問題

なお「トレーニング」「テーマ別演習」「実力テスト」「直前対策問題」についてはPDFからコピーして使用します

教材の中でも、僕がいいなと思ったのが「④:理論暗記ツール」です。

暗記したい条文の一部分が赤く塗りつぶされていて、そこをタップすると正解を確認することができるツールです。

ちょっとしたスキマ時間に理論暗記の勉強ができる優れものです。

スタディング税理士講座を「無料体験」してみる

⑤簿記の知識が無くても始められる

税理士試験が全くの初心者で、簿記の知識が全くないという方でも「簿財2科目フルコース(82,478円)」を選べば「簿記入門コース」というカリキュラムが付います。

簿記の基礎知識を学び、スムーズに税理士試験の「簿記論」と「財務諸表論」の講義に入ることができます。

税理士試験を勉強する前に「簿記検定とか受けなくてもいいの?」って思う方もおられると思います。

しかし、僕のように簿記3級・2級のテキストをパラパラと見る程度で、簿記検定を受験することなく税理士試験の勉強を始める人もいます。

受験を体験して思うことは、1年間ガッツリ税理士試験の簿記論の勉強を頑張れば、1年後に簿記検定3級を持ってるか持ってないかという差はほとんど感じられなくなるということです。

とはいえ、簿記を少しでも勉強しておいた方が有利なのは確かです。

簿記の知識が全くない方はスムーズに税理士試験の勉強に入るためにも「簿記入門コース」を受講することをおススメします。

簿財2科目フルコース(税込82,478円)」を選択すれば簿記入門コースを受講できますよ。

スタディング税理士講座を「無料体験」してみる

⑥実績がある講師陣

スタディング税理士講座には5名の講師がおり、全員大手予備校での講師実績がある方々です。

また、世界一「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」学習手段を目指しているスタディングの理念に賛同した、熱意ある講師陣です。

スタディング税理士講座の講師
【簿記論・財務諸表論】中村博之先生
【法人税法】藤田健吾先生
【相続税法】桶本直樹先生
【消費税法】倉井泰将先生
【国税徴収法】伊藤誠先生

講師の詳しいプロフィール

⑦税理士に関連した講座も豊富

税理士資格にプラスアルファして取得することで、業務に幅ができる資格があります。

スタディングには税理士に関連する資格取得コースも揃っています。

宅建士合格コース(税込20,350円)

社労士合格コース(税込60,500円)

中小企業診断士 1次2次合格コース(税込53,790円)

FP3級・2級セットコース(税込29,678円)

スタディングで取得可能な資格を全部見てみる⇒スタディング公式ホームページ

スタディング税理士講座のデメリット

ここまで、スタディングの良い面を紹介してきました。

しかし、受験経験者としてスタディング税理士講座のここはちょっと気になるなぁという点もあるので、解説します。

①自習室が無い

大手の予備校には「自習室」があり、受講生はそこで自由に勉強できます。

しかし、スタディングには自習室がないので、自宅やその他の場所で勉強する必要があります。

何かと誘惑が多い「自宅」での勉強は、相当意志が強い人でなければ毎日継続することが難しいと思います。

②自分のポジションが分からない

税理士試験は成績上位の約15%が合格する「相対試験」です。

なので、試験本番に向けて今現在自分が受験生全体のどの位のポジションにいるのかを知ることも重要です。

大手予備校で勉強している場合は、定期的に行われる実力テストで自分のポジションを把握できますが、スタディングではそれが出来ません。

その対策として、大手予備校のTACや大原が本試験直前の6月~7月に実施している「公開模試」を受験して、自分のポジションを把握することをおススメします。

③モチベーション維持が難しい

大手予備校であれば勉強仲間もできるので、仲間が頑張っている様子を見ることでモチベーションを維持しやすくなります。

しかし、スタディングの場合たった一人で勉強を頑張らなくてはならないので、モチベーションを維持するすることが難しくなります。

その対策として、スタディングには「勉強仲間機能」というものが用意されています。

スタディングで学習している人の「プロフィール」「つぶやき」「受講科目」「受講の進捗度合い」を見ることができます。

また、受験仲間のつぶやきに「いいね」をしたり、コメントを書いたりと「ツイッター」のような感覚で勉強仲間とつながることができるので孤独感が解消できます。

スタディングのHPでは「勉強仲間機能」に関するコメントがありました。

勉強仲間の機能があったため、毎日の勉強時間を記録したり、コメントしたりで、継続して勉強する意欲をもつことができました。

スタディングの「勉強仲間機能」を見てみる

④分からない時に質問できない

大手予備校の場合、講義で分からない点があればすぐに質問することができます。

しかし、スタディングには分からない時に講師に質問できるというサービスがありません。したがって、疑問点があっても全部自力で解決しなければなりません。

しかし多くの場合、インターネットで検索することで解決できます。

実際の実務上でも、分からない点はインターネットで検索してして調べることがほとんどですから、この点についてはあまり問題ないかと思います。

⑤練習問題はすべて「PDF」を印刷

スタディング税理士講座のカリキュラムは「すべて電子媒体」での提供になります。

したがって、「トレーニング」「テーマ別演習」「実力テスト」「直前対策問題」などの問題練習は自分で印刷して使用する必要があります。プリンターを持っていなかったり、印刷が面倒くさい方にはデメリットになります。

そんなときは、「冊子版オプション」を購入すれば自分で印刷する手間が省けます。

 

「冊子版オプション」をHPで詳しく見てみる

⑥ギガ数の問題

スタディングはいつでもどこでもビデオ講義を視聴することができますが「インターネット接続」が必要になります。

したがって、スマホやタブレットの場合で契約ギガ数が少ない場合は、Wi-Fi環境があるところで視聴する必要があります。

しかし「音声講座」については、パソコンでダウンロードすることでオフラインでの受講が可能です
また、パソコンでダウンロードした音声ファイルをスマートフォンに転送すれば、移動中や外出時にオフラインで受講することもできます。

【音声講座のダウンロード手順】

①ビデオ講義画面のすぐ下に音声データをダウンロードするボタンがありますのでそれをクリック!

②圧縮ファイルでダウンロードされます。後で探しやすいように「デスクトップ」にダウンロードすると良いと思います。

③圧縮ファイルをクリックすると、次のような再生速度ごとのファイルが出てくるので、好きな再生速度のファイルを開きます。個人的には「標準速度」を選択し、使用する音楽プレーヤーの方で再生速度を調節する方法が良いと思います

④この音声データをスマホや音楽プレーヤーに転送すれば、外出先でオフラインでもビデオ講義を聞くことができます!

スタディング税理士講座を公式ホ-ムページで見てみる

最後に

・もっとお金を稼ぎたい!

・定年がない仕事がしたい!

・周りの人から尊敬されたい!

若かったとはいえ、恥ずかしすぎる願望から僕は税理士を目指しました。

受験生時代はとにかく「ド貧乏」だったので受講料の工面にはホント苦労しました。

スタディングのような教材があれば良かったのにと、無料講座を受講してみて思いました。

教材を選ぶときに重要なことは、学習範囲が広いか狭いか、価格が高いか安いかではなく、今の自分が置かれている状況に最適な学習教材かどうかだと思います。

いち早く自分の夢をつかむためにも、今の自分に合った最適な学習教材を見つけて下さいね。

今動けば次の税理士試験に間に合うかもしれません!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です