【2020年5月】新型コロナは会計事務所への転職事情にどう影響するのか?

はじめまして、はらすけです。

僕は限りなくブラックに近い中小企業を退職後、30歳から勉強を始めて約6年で税理士になりました。

詳しい自己紹介はコチラ

2020年、、、新型コロナウイルスの感染拡大により世界中の景気が一気に冷え込みました。

これから会計事務所への転職を希望されている方は不安でいっぱいだと思います。

そこで、この記事では次の2点を詳しく解説しています。

この記事の内容
①:新型コロナが会計事務所転職に与える影響

②:コロナ禍での転職活動を成功させるための対策

僕は2カ所(東京と地方)の会計事務所で合計10年以上働いた経験があります(今現在も会計事務所に勤めています)。

2020年5月現在、現場で税理士として働いている僕の個人的な見解にはなりますが、よかったら参考にしてください。

関連記事 社会人が最短で税理士になるための完全ロードマップ

 

新型コロナが会計事務所への転職事情に与える影響は?

新型コロナが会計事務所への転職事情に与える一番の影響は「求人数」です。

結論からいうと「会計事務所の求人数は減少する」と思います。

理由は、会計事務所の売上が今後減少することが見込まれるからです。

会計事務所の売上の大半は、事業を営む法人や個人事業主からの「顧問料報酬」です。

今回の新型コロナの影響で、特に「宿泊業」「飲食業」「アパレル業」はとてつもなく大きなダメージを受けています。

もしも緊急事態宣言が長期化すれば、上記以外の多くの業種にもダメージが拡大することが予想され、クライアントの業績悪化、倒産、廃業の数も増加するものと思われます。

東京商工リサーチの調査によると、「新型コロナ」の影響で経営破たんした企業数は、、、

2020年2月 2件

2020年3月 23件

2020年4月 84件

、、、とハイペースで増加しています。

出典:東京商工リサーチ

そうなると、会計事務所のクライアントは多種多様な業種に「分散」されているものの、今後の売上の減少は避けられません。

なので、全体的に会計事務所の求人数は減少し、転職を希望する方にとっては厳しい状況になるものと思われます。

しかし!

全ての会計事務所が人材の採用活動を控えるわけではありません。

なぜなら、多くの人は新型コロナの影響はマイナスイメージとして考えていますが、「ピンチはチャンス」ととらえている前向きな会計事務所もあるからです。

新型コロナの影響により、転職市場においては「求職者が増加」「求人数が減少」しますので、これまでの「売り手市場」から「買い手市場」へと変化します。

これまで、慢性的な人手不足に悩まされてきた会計事務所にとって、ライバルが減り優秀な人材を獲得しやすい「買い手市場」の状況は、願ってもないチャンスなんです。

実際に、株式会社レックスアドバイザーズが2020年4月14日~2020年4月16日にかけ、「新型コロナウイルスの感染拡大が中途採用におよぼす影響について」自社のクライアントに対して実施した緊急のアンケートによりますと、以下のような結果が出ています。

 

出典:KaikeiZine

個人的には、コロナ禍にあって積極的に採用活動をしている会計事務所は、そのサービスはもちろんですが「集客力」「資金力」を兼ねそろえた、「ホワイト会計事務所」である可能性が高いと考えています。

なので、転職市場は「買い手市場」となり競争倍率は当然高くなることが予想されますが、少なからずブラックが存在する会計事務所業界において、ホワイト会計事務所に出会う可能性が上がるチャンスではないかと思います。

求職者にとっても「ピンチはチャンス」です!

【ブラックは絶対にイヤ!】会計事務所の見分け方のポイントを解説します

2020年3月30日

コロナ禍での転職活動を成功させるための対策

①:資格取得と実績作り

特に未経験者の場合、アピールできる「資格取得」「実績作り」に励む必要があります。

コロナ前は深刻な人手不足から、「やる気のある未経験者を育てよう!」というポテンシャル採用を行う会計事務所も見受けられました。

しかし、コロナの影響で転職市場が「買い手市場」となるため、会計事務所側も「未経験者」を手間暇かけて育てなくても、経験者や有資格者が集まりやすくなります。

よって、求職者は手強いライバルたちと少ない「座席」を争うことになります!

僕が転職活動をしていた2007年の完全失業率は3.9%(2019年は2.4%)でしたが、30代の未経験者が会計事務所へ転職する場合は「税理士試験の科目合格」がほぼ必須条件となっていました、、、。

【体験談】33歳未経験で会計事務所へ転職できました

2019年10月31日

未経験で会計事務所への転職を希望されるなら、「科目合格」ないし「不合格だけど50点台」くらいは欲しいところです。

それが無理なら、現在の職場で成果・業績を上げ「アピールポイント」をできる限り作っておくことをおすすめします。

仕事での成果は転職活動にプラス効果となるほか、なにより自分に自信がつきます!

結構これが大事だったりします。

【2020年税理士試験】社会人におすすめの予備校・通信講座3選

2020年3月17日

 

②:WEB面接ができる環境にする

株式会社レックスアドバイザーズが2020年4月14日~2020年4月16日にかけ、「新型コロナウイルスの感染拡大が中途採用におよぼす影響について」自社のクライアントに対して実施した緊急のアンケートによりますと、、、70%以上の法人がWEB面接導入に前向きであることが分かります

出典:KaikeiZine

「Skype(スカイプ)」「zoom(ズーム)」といったWeb面接ツールに慣れておくことをおすすめします。

 

③:「プロ」の力を借りる

こんな時は転職のプロである「転職エージェント」の力を借りるべきです。

なぜなら、「新型コロナウイルスの感染拡大」という前例のない未曽有の事態に際し、転職市場の最前線で働く転職エージェントは誰よりも状況を詳しく理解しているからです。

2008年に起こったリーマンショック時の有効求人倍率をみてみると、2008年から2009年にかけて急激に低下していることが分かります。

出典:厚生労働省

リーマンショック後、求人数は急激に減少し有効求人倍率がコロナ前の水準に戻るまでには数年はかかっていますが、実際どうなるかは誰にも分かりません。

今後の感染拡大の状況にともない「景気」「転職市場の動向」「政府の政策」も刻々と変化しますし、その都度取るべき行動も変わってきます。

こうなってくると、自分一人で最新情報を収集しつつ転職を成功させることが難しいと考えるのが普通ではないでしょうか、、、?

個人的には「未経験者」「アピールできる保有資格がない」方は、コロナ禍での積極的な転職はできれば控えたほうが良いと考えています。

しかし、現在無職の方や特別な事情によりどうしても転職する必要がある方は、「転職エージェント」の利用をおすすめします。

おすすめする理由はこれだけではありません。

会計事務所を経営する税理士が全体的に高齢化(60歳以上が50%超)していることもあり、ホームページがない場合も多く

・税理士試験に理解があるか?

・従業員に受験生はいるのか?

といった、内部情報を得ることが非常に難しいのが現状です。

その点、転職エージェントは定期的に会計事務所に訪問しているので、「男女比率」「年齢構成」「所長の人柄」「受験生の有無」など私たちでは絶対に知りえない内部情報を持っています

転職エージェンの中でも「MS-Japan(エムエスジャパン)」「マイナビ税理士」は経理・税理士・会計事務所に特化した数少ない転職エージェントで、税理士業界に精通した担当者が転職をサポートしてくれます。

『MS-Japan』の特徴・評判・口コミは?税理士を目指すなら要チェック

2020年3月22日

転職エージェンは「非公開求人の紹介」「履歴書の書き方」「面接の対策」「年収の交渉」などのサービスをすべて無料で行ってくれます。

特に「年収の交渉」は自分から言い出しにくいことなので非常に助かります。

マイナビ税理士には会員登録無しで「年収診断」が受けられサービスがあります。

「名前」「メールアドレス」などの個人情報の入力は一切不要なので、まずは転職市場でどれくらいの価値があるのか一度調べてみてはいかがですか?

年収診断をしてみる!⇒⇒⇒マイナビ税理士

また、今すぐに転職を考えていない場合でも、気になる求人をストックしておくだけで「選択肢」ができます。

コロナの影響で、通勤電車のストレスが通常の何倍にも感じている方も多いはずです。

ストレスが頂点に達し「もう辞めてやる!!」という感情が高まってきた時、「転職先の候補」をもっているだけで精神的にすごく楽になります。

そんな方は「転職サイト」の利用して、興味のある求人を探しておくことをおすすめします。

「転職エージェント」は担当者が転職に関する様々なことをサポートしてくれますが、電話やメールでやりとりをする手間がかかります。

その点「転職サイト」は専属の担当者が付くわけでもなく、自分で自由に求人情報を探して応募するというスタイルです。

転職サイトに登録しておけば企業からの「オファー」が来る場合もあるので、求人数が多い大手転職サイト「doda(デューダ)」はぜひ登録しておくことをおすすめします。

doda(デューダ)の公式サイトへ ⇒ 転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

まとめ

・全体的に会計事務所の求人数は減少するが、人材採用に意欲的な会計事務所もある。

・コロナ禍で採用活動をしている会計事務所は「ホワイト」の可能性あり。

・ライバルの増加により今まで以上の「保有資格」「実務経験」「業績」などが要求される。

・WEB面接ができる環境を整える必要がある。

・「転職エージェント」「転職サイト」を上手に活用しよう。 

個人的には今後数年間、転職の難易度は上がると思いますが、ホワイト会計事務所に出会う可能性も上がると思っています。

なので、何度も繰り返しますが「ピンチはチャンス!」と前向きに捉えて、転職活動に取り組んでいただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事 社会人が最短で税理士になるための完全ロードマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA