社会人が税理士になるまで何年かかるのか?

こんにちは、はらすけです。

僕はFラン大学卒(理系)で、限りなくブラックに近い中小企業を30歳で退職、それから勉強を始めて6年かかって税理士になりました。(プロフィールの詳細

社会人になってから「税理士」に転身したいとお考え始めた方も多いと思います。

この記事では「社会人から勉強を始めて税理士になるまでに何年かかるのか」解説します。

「税理士」についての知識がまったくない方はこちらの記事「社会人が最短で税理士になるための完全ロードマップ」を先に読んでからの方がいいと思います。

 

結論からいうと、社会人が税理士になるまでに「約4~10年」かかります。

まず、どうすれば税理士になれるのかをザックリ説明します。

税理士になるには「税理士試験」に合格する必要があります。

税理士試験には全部で「11科目」あり、その中から「5科目に合格すれば税理士になることができます。

税理士試験の全11科目
【会計科目】 ①簿記論 ②財務諸表論(この2科目は必須科目

【税法科目】 ③所得税法、④法人税法(この2科目のどちらか1科目必須

⑤相続税法、⑥消費税法、⑦酒税法、⑧国税徴収法、⑨住民税、⑩事業税、⑪固定資産税

税理士試験は1年に1回(8月)実施され、上位約15%が合格する「相対試験」となっています。

ちなみに、一度合格した科目に有効期限はないので、5科目合格するまでに何年かかっても大丈夫です。

難関資格でありながら「科目合格制」が採用されていることから、働きながら税理士を目指す社会人も多いです。

なお、税理士試験には「受験資格」が必要となります。

関連記事 理系卒が税理士試験の受験資格を簡単に取得する方法

社会人が税理士になる代表的な方法としては次の2つがあります。

方法①:毎年の試験で5科目合格(官報合格)

方法②:大学院での税法2科目免除を利用する方法

それぞれの方法で資格取得までに何年かかるのか説明します。

方法①:5科目合格(官報合格)を目指す場合

税理士試験において「王道」とされている方法です。

この方法は、毎年行われる税理士試験で地道に科目合格を積み重ねて5科目合格を目指す方法です

この方法で5科目に合格すると「官報」に合格者の名前が掲載されることから「官報合格」と呼ばれています。

では、1科目に合格するにはどれくらいの期間が必要なのか?

科目によっては1年目で合格できる場合もあれば、3年以上かかる場合もありますが「2年で1科目」合格できたら順調な方だと思います。

1年で1科目に合格できたら「凄い」って感じですね。

勉強時間がしっかり確保できる場合は「6年」

勉強時間が確保しやすいケース
・独身

・仕事が定時で終わる

・土日祝日が完全に休み

このような環境であれば、月に「100時間」くらいの勉強時間を確保できます。

ですので、頑張れば1年に2科目を並行して勉強することが十分可能です。

2年で1科目のペースで合格を重ねると「6年」で税理士になることができます。

勉強時間の確保が難しい場合は「10年」

勉強時間が取りにくいケース
・既婚者で小さな子供がいる

・残業が多い

・土日祝日の全てが休みではない

このような環境ですと、1年に1科目を勉強するのが精一杯になると予想されます。

2年で1科目のペースで合格を重ねると「10年」で税理士になることができます。

官報合格を目指す場合のメリット・デメリット

【メリット】

・学費(予備校や通信講座等)が安い

・仕事を継続しながらチャレンジできる

【デメリット】

・資格取得までに長期間かかる可能性がある

方法②:大学院での税法2科目免除を利用する場合

3科目は毎年の税理士試験で合格を重ね、残りの2科目は税法に関する大学院を卒業することで免除してもらう方法です。

税理士試験は1科目の難易度があまりにも高いため、この方法で税理士になる人が増えています。

僕の周りでも、大学院での科目免除を利用して税理士になった人はとても多いです。

勉強時間がしっかり確保できる場合は「4年」

勉強時間が確保しやすいケース
・独身

・仕事が定時で終わる

・土日祝日が完全に休み

上記のような環境で、しっかり勉強時間が確保できそうな方は1年で2科目を同時に勉強することが十分可能です。

2年で1科目のペースで合格を重ねると「4年」で税理士になることができます。

勉強時間の確保が難しい場合は「6年」

勉強時間が取りにくいケース
・既婚者で小さな子供がいる

・残業が多い

・土日祝日の全てが休みではない

このような環境ですと、1年に1科目を勉強するのが精一杯になると予想されます。

2年で1科目のペースで合格を重ねると「6年」で税理士になることができます。

大学院を利用する場合のメリット・デメリット

【メリット】

・資格取得までの期間が短くなる

【デメリット】

・学費(予備校、通信講座、大学院の学費等)が高くなる

・大学院に通うので、その間仕事ができなくなる可能性がある

※夜間、土日に講義を行っている大学院もあります

まとめ

税理士になるまで何年かかる?
①毎年の試験で5科目合格を目指す場合

 ・勉強時間が十分ある「6年」

 ・勉強時間があまりない「10年」

②大学院での科目免除を利用する場合

 ・勉強時間が十分ある「4年」

 ・勉強時間があまりない「6年」

税理士資格を取得できれば「高年収」「自由な働き方」「社会的信用」など得られるものも多いです。

しかし取得までに10年以上、もしかすると取得できない場合も少なくありません。

僕の周りにも、資格取得までに10年以上かかった人は沢山いますし、途中で諦めた人は数え切れません、、、。

社会人が税理士を目指す場合には、ご自身の環境を考慮しつつ検討することをオススメします。

税理士を目指すなら何歳までが限界?クリアすべき4つの問題点を把握しておこう

2019年12月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA