【考察】スタディング税理士講座は受からないという噂は本当か⁉

【考察】スタディング税理士講座は受からないのか⁉
はらすけ
はらすけ
こんにちは、はらすけです!

僕はFラン大学卒(理系)で、限りなくブラックに近い中小企業を30歳で退職、それから勉強を始めて6年かけて税理士になりました。(プロフィールの詳細

お悩み
・税理士になりたいけど、大手予備校の受講料はかなり高額…

・格安のオンライン通信講座のスタディングが気になっている…

・でも「スタディング税理士講座は受からない」といった噂を聞いて戸惑っている…

確かに、スタディングをネットで検索しようとすると、予測変換で「受からない」と出てきます。

 

この記事では、「スタディング税理士講座は本当に受からないのか?」という点について考察しています。

僕は、税理士試験の大手予備校「資格の大原」「資格の学校TAC」の両校を利用して税理士になりました。

また、スタディングは「税理士講座」「簿記講座」「FP講座」を無料講座ですが全部受講しています。

この記事を読めば、スタディング税理士講座に対する不安が解消されますので、ぜひ最後までお読みください。

 

ネット上の声

実際に、スタディング税理士講座が受からないという声がネット上にあるのか検索しまくりました。

結論を言うと、スタディング税理士講座が「受からない」「使えない」といった声はほとんど見つかりませんでした。

ツイッター上では見つけることが出来ず、Yahoo知恵袋で以下の書き込みを見つけました。

 

出典:Yahoo知恵袋

 

 

出典:Yahoo知恵袋

書き込みをしたのは、スタディング税理士講座を実際に利用した本人ではなく、「単なるイメージ」や「ネット上のどこかで見かけた情報」に基づいて書かれている可能性が高いです。

信憑性が低い情報のみで、スタディング税理士講座は受からないと決めつけてしまうのは、あまりにも気が早すぎるのではないでしょうか。

 

スタディングは合格実績を公開していない

次に、スタディングの公式ホームページで「合格実績」について確認してみたところ、「合格者数」「合格率」については非公開とのことでした。

 

出典:スタディング公式HP

 

「受からない」という噂がたつ理由

では、なぜスタディング税理士講座が受からないという「噂」が出回るのか、理由を探ってみたいと思います。

理由① 歴史が浅い

スタディングを運営しているKIYOラーニングは、2008年から中小企業診断士講座のオンライン講座をスタート、2010年10月に「KIYOラーニング株式会社」を設立しています。

そして、スタディング税理士講座がスタートしたのは2015年12月です。

歴史が浅く知名度も低いことから、「良く知らない教材 ⇒ 怪しい ⇒ 受からない」といったイメージがあるのかもしれません。

「ユーチューバー」も当初は「怪しい職業」と思っている人が多かったですが、ユーチューブの発展と共に、今では小学生がなりたい職業の上位を占める人気の職業となりました。

(出典:ベネッセ教育情報サイト)

歴史が浅いスタディングですが、スマホの発展にともない受講者数はものすごい勢いで伸びています。

スタディングを運営しているKIYOラーニング株式会社が、2020年7月15日「東京証券取引所マザーズ」に上場したことからも分かるように、近年スタディングの「質」「コスパの良さ」は着実に評価されています。

「中小企業診断士講座」からスタートしたスタディングですが、1つ1つ講座を開発し今では「27講座(2021年2月現在)」にまで増えています。

STUDYing(スタディング) 全27講座ラインナップ
資格ジャンル 資格名
ビジネス・経営 中小企業診断士
技術士
販売士
危険物取扱者
法律 司法試験・予備試験
司法書士
行政書士
社会保険労務士
弁理士
ビジネス実務法務検定試験R
知的財産管理技能検定R
個人情報保護士
会計・金融 税理士
簿記
FP
外務員(証券外務員)
貸金業務取扱主任者
不動産 宅建士(宅地建物取引士)
建築士
マンション管理士/管理業務主任者
賃貸不動産経営管理士
IT ITパスポート
基本情報技術者
応用情報技術者
公務員 公務員
語学 TOEICR TEST 対策
ビジネススキル コンサルタント養成講座

 

今後は新型コロナウイルスへの感染を避けるため、勉強スタイルが「予備校で受講」から「自宅で通信講座」に変化すると予想されます。

このような背景から、今後はオンライン通信講座に特化したスタディングの各講座から合格者が数多く輩出されることが予想されます。

なので、「良く知らない教材 ⇒ 怪しい ⇒ 受からない」といったイメージは次第になくなるのではないでしょうか。

 

理由② 価格が安い

スタディング税理士講座は大手予備校と比べると圧倒的な低価格です。

税理士試験の受験生がまず最初に受験するのが「簿記論」「財務諸表論」です。

僕も受験を始めたころ、大手予備校で「簿記論」「財務諸表論」の2科目をセットで申し込みました。

「スタディング」と大手予備校「資格の学区TAC」「資格の大原」の受講料を比較すると以下のようになります。

スタディング 資格の学校TAC 資格の大原
簿財2科目合計の受講料(税込) 71,478円 383,000円 383,000円

 

「安い = 悪い・低品質」というイメージになるのは当然だと思います。

この圧倒的な安さの理由は「ビジネスモデルの違い」にあります。

スタディングは「オンライン講座に特化」しているので「学校」というものが存在しません。

大手予備校のように、全国にある学校の「家賃」「講師」「従業員」にかかる固定費が一切かからないのです。

なので、教材開発コストをしっかりかけて高品質を維持しながらも、圧倒的な低価格を実現することに成功しています。

同じ「税理士試験の教材」といってもビジネスモデルの違いから、コスト構造が全く違うわけです。

また、税理士試験は何回も挑戦してようやく合格を手にするというのが一般的で、「初学一発合格」という方は少数派です。

なので、受からなかった場合は翌年も予備校のカリキュラムを申し込まなければなりません。

税理士試験では、毎年数十万円という受講料がきつくなって挫折する方も多いです…。

その点、スタディングは再受講の料金も超低価格です。

「通常受講(新規)」と「再受講」する場合の価格は次のようになっています。

スタディングと大手予備校との受講料差は、「ビジネスモデルの違い」から生じているということを知れば、「安い = 悪い・低品質」というイメージもなくなるのではないでしょうか。

 

無料体験してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

理由③ 税理士試験は受からないのが当たり前

税理士試験は国内屈指の超難関資格ですので、そもそも受からないのが当たり前と言ってもいい試験です。

(出典:資格の取り方

直近の税理士試験の合格率は以下のとおりです。

(出典:国税庁HP

税理士試験は得点の上位約15%しか合格できない「相対試験」です。

大手予備校に通っているころ、「予備校内の模試で上位30%に入ってたら合格できる」と言われていました。

裏を返せば、大手予備校に通っていても約70%の受講生は受からないということです。

僕は、大手予備校に通いながら毎年1,000時間以上勉強していました。

しかし税理士試験の戦績はというと…

「10戦中3勝」です…。

また、税理士試験は年に1回(毎年8月)しか行われないので、受験生は極度の緊張から実力を出し切れないことも多いです。

僕も試験当日は、緊張と不安からいつも手がしびれていました。

また、予備校内の模試でいつも上位にいた人が、本番で実力を出せずに落ちたケースを山ほど見てきました。

このように、税理士試験は大手予備校に通っていてもほとんどの方が受からない試験なので、スタディングだから受からないということでは決してないと思います。

 

スタディング合格者の声

スタディングの公式ホームページには、2020年の税理士試験に合格された約50名のコメントが掲載されています。

コメントの大半が、会社員、会計事務所、公務員といった仕事で忙しい「社会人」の方でした。

合格者の中には、たった4か月間で「簿記論」「財務諸表論」の2科目に合格された強者もおられました。

「4か月」ということは、4月から勉強を始めて8月の試験で合格ということですね、スゴイ!

税理士試験は難しい試験ですが、これを読んでいると「自分でも受かるかも!」という勇気と希望が湧いてくるはずです。

 

合格者の声をもっとみて見る ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

無料講座で体験してみよう

スタディングは購入前に無料講座でカリキュラムを試すことができます。

無料講座といってもかなりの量が用意されているので、無料講座だけでもかなり税理士試験の勉強ができてしまいます。

噂を気にする前に、まずは自分の目で確かめてみることをお勧めします。

自分に合っていないと感じたら、違う教材を選べばいいだけです。

無料体験の申し込みはとても簡単です。

無料体験の申込に必要な情報
①:「メールアドレス※Gmail、ヤフーメールもOK)

②:「お好きなパスワード」

名前、住所、電話番号などの個人情報を入力する必要は一切ありません。

 

無料体験してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

まとめ

スタディング税理士講座は受からないのか?
①実際、スタディング税理士講座は「受からない」という声は少ない

②スタディングは合格実績を公開していない

③スタディングは「受からない」という噂がたつ理由
 理由① 歴史が浅いから
 理由② 価格が安いから
 理由③ 税理士試験は受からないのが当たり前だから

④スタディングを利用して4か月で2科目に合格した人もいる

⑤無料講座で体験してみるのが一番良い

受験経験者から言わせていただくと、受からない人はどんな教材を使っても受からないし、受かる人はどんな教材を使っても受かります。

まさに「弘法筆を選ばず」ということわざがぴったりだと感じます。

はらすけ
はらすけ
教材のせいにしているうちは受からないです…。

最終的に合否を分けるのは、教材が良い悪いではなく「本人の気持ち」次第です。

絶対に税理士になりたい!

という今のその気持ちがあれば、どんな教材を使っても必ず税理士になることが出来ます。

他人が何と言おうと関係ありません!

僕もそうでしたが自分の気持ちを信じて、前進した者のみが最終的に「税理士」になっています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

\ 税理士になっちゃう? /

 

 

あわせて読みたい!
税理士である僕が、スタディング税理士講座を徹底レビューした記事です。

大手予備校の経験者だから分かる、スタディングのデメリットについても書いています。

スタディングが気になる方は参考にしてください。

スタディング税理士講座の評判・口コミ・価格は?現役税理士が解説します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA