現役税理士がスタディング税理士講座の評判・口コミ・特徴を徹底解説します

はらすけ
はらすけ
はじめまして、はらすけです。

僕は限りなくブラックに近い中小企業を退職後、30歳から勉強を始め約6年かけて税理士になりました。(詳細な自己紹介はコチラ

これは僕の税理士バッジです。

税理士になって人生逆転したい!

でも、、、

①:仕事や育児で忙しく、勉強時間を確保できない

②:大手予備校の受講料が予想以上に高額

この2つの問題にぶち当たり、税理士になることを諦めかけている方も多いのではないでしょうか?

僕も大手予備校2校(TACと大原)を利用し、膨大な時間とお金をつぎ込んで、やっと税理士になりました。まさに、人生をかけた大勝負といった感じでした。

確かに、一昔前まではこれが「一般的」な税理士試験でした。

しかし、「時間がない」「受講料が高い」という税理士試験の問題点を解決したのが「スタディング」です。

この記事では、スタディング税理士講座の評判・口コミと共に、その特徴を大手予備校と比較しながら詳しく解説しています。

もちろん、デメリットも書いています。 

この記事を読めば、きっとあなたも税理士試験に合格する可能性を感じるはずです!

2021年10月31日(日)まで全商品10%OFF!

 

\ まずは無料体験から! /

最新割引情報

2021年10月31日まで10%OFF!

2021年10月31日までスタディングの全商品が10%OFFです。

10%OFFクーポンを手にするには「無料登録」が必要となります。

10%クーポンの利用方法は次の通りです。

①:無料登録する

②:購入手続きの「5.ご注文の確認」画面で10%OFFクーポンを利用できます!

③:10%OFFクーポンが適用されました!


10月現在、税理士講座は2022年8月の試験に向けてスタートしたばかり。

10月はまさに税理士試験の勉強をスタートする絶好のタイミングです!

 

10%OFFで購入する! ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

スキルアップ割引制度

もし、次に該当される方は受講料が割引になります!

割引の対象者
・過去にスタディングを受講したか方

・現在スタディングをご受講中の方

評判・口コミ

スタディングのホームページでは合格者の体験談が公開されています。

合格者の声を読んでみると、スタディングの受講生はサラリーマンや子育て中の主婦など、限られた時間で勉強されている方が多いという印象でした。

スタディング税理士講座の「口コミ・評判」から多かった意見をまとめると次の通りです。

スタディング税理士講座の口コミ・評判まとめ

では、ここから実際の合格者の声を一部抜粋したのでご紹介いたします。

簿記論・財務諸表論

・学習方法は色々なものに手を広げずスタディングで提供されるものだけをとにかくやりました

・仕事をしながらの勉強でしたが、約7カ月間の勉強期間で簿記論に合格することができました。スタディングの税理士講座は合格に必要な最低限の知識を身に着けることができると思いました。

・学習を始めたのが11月。予備校の通学授業はすでにカリキュラムが進んでしまっていたため、通信講座で費用の安いものをと考えて受講を決めました。
結果として、初受験となった簿財2科目に一度で合格することができました。

・今回、簿記論と財務諸表論に合格しました。通勤時間や隙間時間にとにかく少しでも勉強するというのを繰り返しました。紙の教材では、持ち運びが難しく、継続できていなかったと思います。

・6歳の息子と2歳の双子の息子の子育て中なので、勉強時間は夜中しか取れませんでした。
そんな中でも、スタディングは自分の時間とペースで勉強出来たので良かったです。

・通学の予備校等とは異なり、行き帰りの時間もかからず(図書館や自習室との往復程度でした)、スマホがあれば見れる環境がやはり勉強時間の確保に繋がっていたのだと感じております。

・当初は、金額面でも大手と比べるとかなりリーズナブルであり若干の心配もあったのですが、中村先生の授業は非常にわかりやすく、講義も短い時間でコマ切れになっているため、働きながらでも無理なく勉強を進めることができました

・非常に分かりやすい授業内容となっており、毎日動画を見ることを楽しみながら行うことができました。本当にコスパの良い教材だと思われます。

・試験が近くなる頃には理論暗記ツールで暗記した内容をノートに書いて正誤を確認しながらひたすらアウトプットをしました。少なくとも全体を3回転ぐらいはしました。

・私にとって、日常の仕事の業務でも使用しているパソコンやスマホを使って勉強できることは、紙に字を書いて覚える方法より効率が上がりました

・財務諸表論では理論暗記ツールが非常に役に立ちました。
風呂に浸かりながら理論暗記ツールを見ることでリラックスしながら理論を覚えられたと思います。

スタディングの教材をしっかり学習できれば簿記論・財務諸表論は十分合格できると思います。答練の問題、解説の質は十分高いので、あとは自分のペースで継続して学習できるかだと思います。

・移動中、子供達のお稽古の待ち時間、夜寝る前や朝起きてすぐと、3分でいい、1分でいいからスマート問題集や理論暗記ツールを開くよう心がけることで、コツコツと勉強を進められました。

・計算問題や理論問題をタブレットやスマホでできるため便利でした。他の受験校ではないサービスになります

・空いた時間をムダにすることなく、その時々のスタイルで学習出来たことが大変良かったです。結果、働きながら簿記論・財務諸表論を初学一発合格することが出来ました

・スタディングを活用することにより、簿記論・財務諸表論ともに一発合格することができました。講座担当の中村先生のわかりやすい、ツボを押さえた講義が合格を勝ち取るための大きな武器になりました。

・1単元あたりの講義時間が短いので、勉強に取り掛かるハードルが下がり、これは結果として勉強を継続することにつながったと思います。時間のない人には特におすすめです。

・本講座の「通勤時間を使ったスキマ学習」、は単なる謳い文句ではなく、本当にスキマ学習を実践できるように細部にわたって仕組みやカリキュラムが組まれていることが実感できました。

スタディングの教材のみで十分に合格レベルに到達できるので、とにかく基礎からコツコツと継続して勉強することが大事だと思います。

 

評判・口コミをもっとみて見る ⇒ スタディング税理士講座【公式】

税法科目

・私は途中他社の理論の本にも手を出したが最終的にはスタディングの理論暗記ツールに戻ってきた。なぜなら他社のは細かすぎて覚えることができなかったからだ。
働きながら合格するには理論暗記ツールを暗記すれば十分だと思う

・税理士試験は長丁場なので、いつもモチベーションの維持に苦労してきました。
今回は、勉強仲間の機能があったため、毎日の勉強時間を記録したり、コメントしたりで、継続して勉強する意欲をもつことができました

・この度、法人税法を無事に科目合格することができました
担当講師の藤田先生の講義は、試験上重要な部分は制度の趣旨から丁寧説明してくださり、不要な部分はあっさりとメリハリのあるもので、とても分かりやすかったです。

・藤田先生の講義はメリハリが利いていて、最初から最後まで集中して視聴することができました。スタディングの最大の利点は価格が安いこともそうですが、すべてが電子教材で提供されているので、テキストや問題集を持ち運ぶ必要がないことだと思います。

 

ツイッターでの声はこんな感じです…

 

評判・口コミをもっとみて見る ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

スタディング税理士講座「8つ」の特徴

スタディング今まで税理士試験が抱えていた問題点を解決した教材です。
※2018年12月から「通勤講座」⇒「スタディング(STUDYing)」に名称変更しています。

スタディング税理士講座の特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

スタディング税理士講座8つの特徴
①勉強を継続しやすい工夫が満載

②大手予備校と比べて圧倒的な低価格

短期合格を目標としたカリキュラム

④スマホ学習なのでスキマ時間を有効活用できる

⑤無料講座で事前に試せる

⑥簿記の知識が無くてもスタートできる

⑦実績ある講師陣

⑧税理士に関連した講座も豊富

一番注目して欲しい特徴は「勉強を継続するための工夫が随所にみられる点」です。

税理士試験で最も重要であり、最も難しいのが「勉強を継続する」こと。

税理士になれるかどうかは、「勉強の継続」が出来るかどうかにかかっていると僕は断言できます!

スタディング税理士講座は、2015年末に簿財2科目から開校。その後は官報合格者も出るなど、近年「質の高さ」「コスパの良さ」が評価され受講する方が急増しています。

スタディングが勉強を継続しやすい教材であることを物語っています。

では、詳しく解説していきます。

 

すぐに見たい方はコチラ ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

①勉強を継続しやすい工夫が満載

スタディング税理士講座には、「勉強を継続する」ための工夫が随所に見られます。

税理士試験で最も重要であり、最も難しいのが「勉強を継続する」ことです。

どんなに高価な教材を使ったとしても、勉強を継続できなければ絶対に合格できません。

税理士になれるかどうかは、「勉強の継続」が出来るかどうかにかかっていると僕は断言できます!

1年間、毎日勉強を継続できれば合格する確率はかなり上がります。

ほとんどの受験生は勉強が続かずに脱落していきます。

あなたもこんな経験ありませんか?

3日間くらい全く勉強しない日が続くと、「どこかで3日分挽回しないと・・・」というプレッシャーから、勉強することがどんどん苦痛になってきて、そして勉強をやめてしまう・・・。

実際、予備校に通っていたころ、どんどん周りの受講生が減っていくのを見てきました。

高い受講料を払って、最後までカリキュラムを受講しないってとてももったいないですよね?

スタディング税理士講座では、その最大の難問である「勉強を継続する」ための工夫が随所に見られます。

①講義が細かく分割されている

1つの講義が30~60分にまとめられていて、さらに5~20分に分割されているのでちょっとしたスキマ時間を利用して少しづつ講義を見れるところが良いと思います。

例えば、財務諸表論のある講義は以下のように細かく分割されています。

財務諸表論 財務会計総論Ⅰ-2_(財務会計) 合計65分1秒
動画タイトル名 各動画の再生時間
①財務会計とは 4分28秒
②財務会計の目的 18分53秒
③財務会計の機能 16分23秒
④利益の特質-1 8分31秒
⑤利益の特質-2 5分31秒
⑥利益の特質-3 11分15秒

再生速度の調整も可能なので、効率的に講義を消化することができます

個人的には「2倍速」くらいが一番聞きやすい印象でした。

また、カラフルな図解を用いた動画は「テレビ番組」を見ている感覚で、テキストを見なくても講義が受けられます。

もちろん、WEBテキストを並行して見ながら講義を視聴することも可能。

WEBテキストには講義動画で使用されているカラフルな図表が使用されているので、とても見やすいです。

講義の雰囲気を見たい方は下の動画を参考にしてみて下さい。

また、スタディングはスマホ内にすべてのカリキュラムが入っているので、僕は寝る前に「布団の中」で講義を見ていました。

仕事が忙しくて疲れ果てて「今日は全く勉強できなかった~」ていう日でも、布団の中で寝る前の数分でも勉強することが出来れば、モチベーションが維持できます。

とにかく数分でもいいから、毎日勉強するということが税理士試験においてはめちゃくちゃ大事なんです。

重要なので何度も繰り返しますが、1年間勉強を継続できれば合格率は格段に上がります!

 

講義動画を無料視聴してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

②「スマート問題集」

スマホを使って「ゲーム感覚」で問題を解くことができる問題集です。

1つ講座が終わるごとに出題され、問題を解くと回答データが記憶されます。

僕も受験生時代、講義を聞いている時は内容を理解しているような気になりますが、いざ問題を解こうとすると「あれ?解けない!」なんてことが多々ありました。

パソコンで例えると、講義を聞いた直後は「ダウンロード」した状態にに似ています。

練習問題を解くことで初めて使える知識として脳に「インストール」されるイメージですね。

また、「復習モード」を使って、過去に正答率が低かった問題を抽出して繰り返し解くことで、苦手な論点を克服することができます。

勉強のモチベーションが下がっている時って、机に座りテキストや問題集を開くことがとても高いハードルに思うんですが、スマホを開くだけならかなりハードルが下がりますよね?

実際に「ちょっとだけ勉強しよう」と思って、布団の中で講義を見始めるとついついスマート問題集もやったりして、結局「1時間」くらい勉強してたということもありました。

 

「スマート問題集」を無料体験してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

③マイノート機能

「マイノート機能」は、講義を視聴した後に内容をまとめたり、記憶しておきたいことをメモに残したりと、自分だけのオリジナルのノートを作成することができるツールです。

講義を視聴したり、スマート問題集を解いている間など、画面の右上に常に「マイノート」というボタンが表示されています。

このマイノート機能はぜひ利用していただきたいツールです。

というのも、マイノート機能の凄いところは自分独自の暗記ツールが作れるという点です。

「マイノート」ボタンをクリックすると下のような画面が現れ、自由に文字を書き入れることができます。

そして、自分が暗記しておきたい部分を指定し、、、

「暗記ツール」に切り替えると、先ほど指定した部分が赤で塗りつぶされます。

そして、赤で塗りつぶされた部分をクリックすると、隠れていた文字を確認することができます。

このように、独自の暗記ツールが簡単に作れてしまいます。

もちろん作成したマイノートの情報は、スマホ、パソコン、タブレットに自動的に同期されます。

短時間で見返せるマイノートを日頃から作成しておくことで、忙しくて勉強時間がない時でも効率的な学習が可能になります。

 

マイノート機能を無料体験してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

②大手予備校と比べて圧倒的な低価格

スタディング税理士講座はTACや大原などの大手予備校に比べ圧倒的に低価格です。

例えば、ほとんどの税理士試験の受験生が一番最初に選択する「簿記論」「財務諸表論」をセットで受講する場合、1年間の受講料はTACでは383,000円(税込)大原では383,000円(税込)となっています。

それに対し、スタディング税理士講座の簿記論・財務諸表論の2科目が受講できて、さらに直前対策講座もセットになった「簿財2科目合格総合コース」の1年間の受講料は70,950円(税込)と大手予備校の1/5程度です

スタディング 資格の学校TAC 資格の大原 クレアール LEC東京リーガルマインド
簿財2科目の受講料(税込) 70,950円 383,000円 383,000円 230,000円 225,000円

また、分割払い(12回)にも対応しているので支払いの負担を軽減できます。

スタディングでは、「紙」のテキスト・問題集を使って勉強したい方は別途「冊子版オプション」を購入することになっています。

冊子版オプション
対象科目 定価(税込)
簿財2科目 28,380円
法人税法 17,380円
相続税法 17,380円
消費税法 17,380円
国税徴収法 13,900円

仮に、「簿財2科目合格総合コース」に冊子版オプションをつけても、、、

70,950円+28,380円=99,330円(税込)

分割払い(12回)も利用できます。

このように、大手予備校の受講料が約38万円かかることを考えると、スタディングが圧倒的に低価格であることに変わりはありません。

安いのは分かったけど、教材の中身は大丈夫なの?」と不安に思われる方もいらっしゃると思います。

スタディングは「オンライン講座のみ」なので、大手予備校のように全国にある学校の家賃や講師、従業員にかかる固定費が一切かかりません。

なので、教材開発コストをしっかりかけて高品質を維持しながらも、圧倒的な低価格を実現することに成功しています。

はらすけ
そしてここからが重要です!

税理士試験に一発で合格できればいいのですが、もし万が一不合格となってしまってもスタディングは格安で再受講することができます。

受験生時代ド貧乏だった僕は、試験に不合格となるとガッカリすると同時に、翌年の予備校の受講料をどうやって捻出するかが悩みの種となっていました

一科目の受講料が15~20万円かかる大手の予備校と比べると超格安なのが分かります。

通常受講(新規)と再受講する場合の価格は次のようになっています。

再受講対象コース 通常定価(税込) 再受講価格(税込)
簿財2科目合格コース 59,950円 20,878円
簿財2科目総合コース 70,950円 25,278円
簿財2科目フルコース 81,950円 28,578円
法人・相続・消費・国徴合格コース 49,500円 18,678円
法人・相続・消費・国徴総合コース 61,578円 21,978円

税理士資格があれば将来「独立開業」も可能なので、定年を気にすることなく自由な働き方も選択できます。

さらに、企業が顧問税理士に支払う年間の顧問料は零細企業でも約40~50万円。少し規模が大きい企業なら年間で100万円を超えるケースも全然珍しくありません。

 

試しに無料体験してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

短期合格を目標としたカリキュラム

スタディングのカリキュラムは短期間で税理士試験に合格した人の勉強法を徹底的に研究して開発されています。

大手予備校とスタディング税理士講座のカリキュラムには、次のような違いがあります。

大手予備校
試験の出題範囲を漏れなく網羅的に学習する。
スタディング
出題頻度が高い必要最小限の知識を徹底的に学習する。

忙しくて勉強時間が限られている方が、大手予備校のように重要度が低い細かい論点を含め、すべての学習範囲を詰め込もうとすると、消化不良になってしまい出題頻度が高い重要な項目の勉強が手薄になってしまう可能性があります

勉強時間をガッツリ取れる人と、そうでない人とでは学習範囲や勉強方法が違ってくるのは当然のことだと思います

出題頻度が高い問題を確実に回答できるだけの必要最低限の知識さえあれば、十分試験に合格できることを身をもって実感しました。

僕が簿記論に合格した時は、簿記論の勉強時間はほぼ「0時間」でした。

その時の体験談は下の記事にまとめてあります。

簿記論に4回も落ちた!5回目で分かった合格に必要なこと

2019年11月2日

税理士試験で合格するためには「解ける問題を確実に合わせる」ことがとても重要です。

そういった面では、スタディング税理士講座は忙しくて勉強時間がない方が、限られた勉強時間で短期合格するために適したカリキュラムと言えます。

出題頻度が高い必要最小限の知識といっても、スタディング税理士講座が提供するカリキュラムのボリュームはかなりのものです。

下の表は、簿記論と財務諸表論の合格を目指すコースのカリキュラム内容です。

スタディングは簿記論と財務諸表論は「2科目セット」になっていますので、簿記論のみ財務諸表論のみの受講はできません。

簿財2科目コースの内容
簿財2科目合格コース ●ガイダンス  2回
●基本講座(ビデオ・音声) 318講座 合計約196時間
●WEBテキスト 318講座の各講座にWEBテキストが付きます
●スマート問題集 315回
●トレーニング(PDF) 282回
●テーマ別演習 簿記論20回・財務諸表論20回
●実力テスト(解説動画とPDF) 簿記論全5回、財務諸表論全5回
●理論暗記ツール 38回
●理論記述練習 43回
直前対策講座 ●ガイダンス(ビデオ・音声) 1回
●答練(問題・答案用紙・解答解説)PDF
簿記論:過去問演習3回+答案練習講座6回
財務諸表論:過去問演習3回+答案練習講座6回
●解説講座(ビデオ・音声)
簿記論:過去問演習3講座+答案練習講座6講座
財務諸表論:過去問演習3講座+答案練習講座6講座
簿記入門コース ●簿記3級レベル 基礎講座41講座+トレーニング31講座
選べる3コース!

●簿財2科目合格コース
 59,950円(税込)

●簿財2科目総合コース(簿財2科目合格コース+直前対策講座)おすすめ!
 70,950円(税込)

●簿財2科目フルコース(簿財2科目合格コース+直前対策講座+簿記入門コース)
 81,950円(税込)

短期合格できれば家族と過ごす時間も増えますし、他の関連資格(社会保険労務士、宅建など)の勉強をすることも可能になります。

 

カリキュラムをHPで詳しく見てみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

④スマホ学習なのでスキマ時間を有効活用できる

スタディングはいつでもどこでもちょっとした「スキマ時間」を有効活用して学習できるように、スマホ・パソコンでの学習が可能になっています。

スキマ時間を利用しようとしたら「教材」を常に持ち歩く必要があります。

しかし、テキストや問題集を常に何冊も持ち歩くのは正直無理です

実際、僕は「理論マスター(TACが出版している税法の条文だけ書いてある本)」一冊しか持ち歩いていませんでした。

なので、スキマ時間で勉強できることは財務諸表論や税法科目の「理論」に限られていました。

しかし、スタディングならすべての教材がスマホ内に収められているので、外出先でのスキマ時間で、理論の勉強だけではなく計算問題も復習できる点はメリットがあると感じました。

また、勉強していて「あれ?どうだったかな?」と思ったときに、いつでもスマホでテキストの内容を確認できる点はメリットがあります。

大手予備校で提供されるテキストやトレーニング問題の量は膨大なので、僕は予備校の「貸しロッカー」にいつも入れていました。

なので、後でテキストを見直したいときにすぐに確認できないのは結構不便でした。

そのうち内容を確認すること自体忘れてしまっていたり・・・苦笑

その点、スマホに全ての情報が詰め込まれているスタディングは、いつでもどこでもテキストの内容を確認できるので非常に便利です。

ちなみに、ニールセン デジタルが2020年3月24日に発表した調査結果によると、1日の平均スマホ利用時間は3時間46分だそうです。

1年間だと、なんと1,374時間

僕が受験生時代の勉強時間は年間約1,000時間でしたので、スマホ時間を利用すれば十分な勉強時間を確保できることになります。

 

出典:ニールセン

1,000時間を超えるスマホ時間を利用して税理士試験の科目合格を果たすことができれば、その後の人生も大きく変わります。

 

今すぐ無料体験してみる! ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

⑤無料講座で事前に試せる

スタディング税理士講座は「これでもか!」っていうくらい沢山の無料体験ができます。

スタディング税理士講座では

税理士講座の科目
「簿記論・財務諸表論」「法人税法」「相続税法」「消費税法」「国税徴収法」
※簿記論と財務諸表論は「2科目セット」になっていますので、簿記論のみ財務諸表論のみの受講はできません。

5コースが用意されていますが、提供されるすべての教材を無料体験できます。

無料体験できる教材
①:動画講義

②:スマート問題集

③:トレーニング演習

④:理論暗記ツール

中でもイチオシなのが「④:理論暗記ツール」です。

暗記したい条文の一部分が赤く塗りつぶされていて、そこをタップすると正解を確認することができるツールです。

ちょっとしたスキマ時間に理論暗記の勉強ができる優れものです。

下は、「理論暗記ツール(無料お試し版:簿財コース)」の画面です。

 

この「理論暗記ツール」は無料登録しなくても体験できるので、ぜひ今すぐ触ってみて下さい。

 

理論暗記ツールを今すぐ試してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

⑥簿記の知識が無くてもスタートできる

税理士試験が全くの初心者で、簿記の知識が全くないという方でも「簿財2科目フルコース」を選べば「簿記入門コース」というカリキュラムが付います。

簿記入門コースで簿記の基礎知識を学んだあと、スムーズに税理士試験の「簿記論」と「財務諸表論」の講義に入ることができます。

税理士試験を勉強する前に「簿記検定とか受けなくてもいいの?」って思う方もおられると思います。

市販の簿記3級・2級のテキストを1か月ほど勉強して、簿記検定を受験することなく税理士試験の勉強を始める人もいます。

受験を体験して思うことは、1年間ガッツリ税理士試験の簿記論の勉強を頑張れば、1年後に簿記検定3級を持ってるか持ってないかという差はほとんど感じられなくなるということ。

とはいえ、簿記の知識がある方が、税理士試験を始めるにあたって有利なのは間違いありません。

簿記の知識が全くない方はスムーズに税理士試験の勉強に入るためにも「簿記入門コース」を受講することをオススメします。

「簿財2科目フルコース(税込81,950円)」を選択すれば簿記入門コースを受講できますよ。

「簿記入門コース」を受講することで簿記検定を受験する時間とコストを大幅に削減できます。

 

目次へ戻る

 

⑦実績ある講師陣

スタディング税理士講座には5名の講師がおり、全員大手予備校での講師実績がある方々です。

また、世界一「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」学習手段を目指しているスタディングの理念に賛同した、熱意ある講師陣です。

スタディング税理士講座の講師
【簿記論・財務諸表論】中村博之先生
【法人税法】藤田健吾先生
【相続税法】桶本直樹先生
【消費税法】倉井泰将先生
【国税徴収法】伊藤誠先生

 

講師の詳しいプロフィールをみて見る ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

⑧税理士に関連した講座も豊富

税理士資格にプラスアルファして取得することで、業務に幅ができる資格があります。

スタディングには税理士に関連する資格取得コースも揃っています。

宅建士合格コース(税込19,800円)

社労士合格コース(税込59,800円)

中小企業診断士 1次2次合格コース(税込48,400円)

FP3級・2級セットコース(税込32,890円)

短期合格を果たすことができれば、関連する資格取得にチャレンジすることも可能です。

 

資格ラインアップを見てみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

スタディング税理士講座「8つ」のデメリット

ここまで、スタディングの良い面を紹介してきました。

しかし、受験経験者としてスタディング税理士講座のここはちょっと気になるなぁという点もあるので、解説します。

①受講できない科目がある

「所得税法」「酒税法」「住民税」「事業税」「固定資産税」の5科目はコースが用意されていないので受講することができません。

「所得税法」は選択必須科目となっているのでコースが用意されていないのは少し残念です。

しかし、その他の4科目は全て「マイナー科目」です。

酒税法、住民税、事業税、固定資産税の受験者数を合計しても、全体の約5%ほどです、、、。

なので、コースが用意されていないからと言ってそれほど問題はないのではないかと思います。

出典:国税庁ホームページ

②自習室が無い

大手の予備校には「電卓が使用できる自習室」があり、受講生はそこで自由に勉強できます。

しかし、スタディングには自習室がないので、自宅やその他の場所で勉強する必要があります。

何かと誘惑が多い「自宅」での勉強は、相当意志が強い人でなければ毎日継続することが難しいと思います。

ただし、2020年は新型コロナウイルスの影響により状況は一変しました。

人が密集しがちな自習室で万が一感染してしまったら、、、

・受験勉強をすることができない…

・税理士試験を受験することができない…

という、受験生にとってあってはならない事態が起こりかなりかねません。

ツイッターでは次のようなツイートもたくさん見られました。

受験生にとって、勉強の環境が変わることは大きなストレスとなります、、、。

そう考えると、これからは「資格の勉強は自宅でする」というのが一般的になり、自習室が使えないということがさほどデメリットにはならないかもしれません。

③自分のポジションが分からない

税理士試験は成績上位の約15%が合格する「相対試験」です。

なので、試験本番に向けて今現在自分が受験生全体のどの位のポジションにいるのかを知ることも重要です。

大手予備校で勉強している場合は、定期的に行われる実力テストで自分のポジションを把握できますが、スタディングではそれが出来ません。

その対策として、大手予備校のTACや大原が本試験直前の6月~7月に実施している「公開模試」を受験して、自分のポジションを把握することをオススメします。

目次へ戻る

④モチベーション維持が難しい

大手予備校であれば勉強仲間もできるので、仲間が頑張っている様子を見ることでモチベーションを維持しやすくなります。

しかし、スタディングの場合たった一人で勉強を頑張らなくてはならないので、モチベーションを維持するすることが難しくなります。

その対策として、スタディングには「勉強仲間機能」というツールが用意されています。

スタディングで学習している人の「プロフィール」「つぶやき」「受講科目」「受講の進捗度合い」を見ることができます。

また、受験仲間のつぶやきに「いいね」をしたり、コメントを書いたりと「ツイッター」のような感覚で勉強仲間とつながることができるので孤独感が解消できます。

スタディングのHPでは「勉強仲間機能」に関するコメントがありました。

勉強仲間の機能があったため、毎日の勉強時間を記録したり、コメントしたりで、継続して勉強する意欲をもつことができました。

⑤分からない時に質問できない

大手予備校の場合、講義で分からない点があればすぐに質問することができます。

しかし、スタディングには分からない時に講師に質問できるというサービスがありません。したがって、疑問点があっても全部自力で解決しなければなりません。

しかし多くの場合、インターネットで検索することで解決できます。

実際の実務上でも、分からない点はインターネットで検索してして調べることがほとんどですから、この点についてはあまり問題ないかと思います。

⑥練習問題はすべて「PDF」を印刷

スタディング税理士講座のカリキュラムは「すべて電子媒体」での提供になります。

したがって、「トレーニング」「テーマ別演習」「実力テスト」「直前対策問題」などの問題練習は自分で印刷して使用する必要があります。プリンターを持っていなかったり、印刷が面倒くさい方にはデメリットになります。

そんなときは、「冊子版オプション」を購入すれば自分で印刷する手間が省けます。

冊子版オプション
対象科目 定価(税込)
簿財2科目 28,380円
法人税法 17,380円
相続税法 17,380円
消費税法 17,380円
国税徴収法 13,900円

ただ、PDF印刷できるということにメリットもあります。

試験直前期になると、総合問題を何回も繰り返して解くというアウトプット中心の学習になります。

その時、何ページもある総合問題とその解答用紙をコピー機で印刷するのは正直とても面倒くさいです

なので、PDFで印刷できるととても便利です!

 

「冊子版オプション」を詳しく見てみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

⑦ギガ数の問題

スタディングはいつでもどこでも講義動画を視聴することができますが「インターネット接続」が必要になります。

仮に、1日1時間程度の講義動画を視聴すると、通信状況によっては1ヶ月で7GBを超えてしまう可能性があります。

したがって、スマホやタブレットの場合で契約ギガ数が少ない場合は、事前に動画講座をダウンロードしておいて視聴するのオススメです。

動画ダウンロードの手順はとてもカンタンです。

まず、スマホやタブレットにSTUDYingアプリ」を「App Store」または「Google Play」からダウンロードします。

次に、Wi-Fi環境下で動画講座を事前にダウンロードしておけば「オフライン」で動画講座を視聴することができます。

これなら、ギガ数を気にすることはありません

 

試しに無料体験してみる! ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

⑧合格実績が公開されていない

大手の予備校は合格実績を公開していますが、スタディングでは合格実績を公開していません。

オンライン通信講座に特化している性質上、合否の確認が難しいことが非公開にしている理由のようです。

(出典:スタディング公式HP

合格実績は公開されていないものの、多くの合格体験談がホームページに掲載されています。栄光を勝ち得た先輩方の体験談を参考にしてみて下さい。

スタディングは近年受講者が急増しているので、合格実績の公開も今後は期待したいところです。

 

合格体験談をみて見る ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

スタディング税理士講座をオススメしたい人

スタディングのメリットやデメリットを踏まえ、スタディング税理士講座をオススメしたい方は次の方々です。

スタディング税理士講座をお勧めしたい人
①初めて税理士試験にチャレンジされる方

②毎日が忙しくて勉強時間が限られている方

③勉強の継続が苦手な方

④できるだけコストを抑えたい方

①初めて税理士試験にチャレンジされる方

始めて税理士試験にチャレンジされる方にはスタディングをおすすめします。

なぜなら、初学者の方は税理士試験を途中で勉強をやめてしまう可能性が高いからです。

「途中でやめるなんて、いきなり失礼なこと言いやがって!」と怒られるかもしれませんが最後まで聞いてください。

税理士資格は国内でも屈指の超難関資格ですので、その「学習ボリューム」「カリキュラムの難易度」は相当なものです。

また、税理士試験には異業種から参入してくる人も多く、いざ勉強を始めてみると「自分は税理士試験の勉強がどうしても好きになれなかった」という意見もよく聞きます。

そして、勉強を撤退することで気になるのは「授業料の損失」です。

多くの受験生は1年目に簿記論と財務諸表論をセットで受講します。

大手予備校の「TAC」や「大原」でこの2科目を受講すると1年の受講料は約40万円近くになります。

一方、業界最安値のスタディングなら簿財2科目合計の受講料は約8万円です。

万が一、あなたが1年目で勉強をやめてしまった場合、約30万円の差を大きいと感じるのは僕だけでしょうか、、、?

ですので、1年目は

・自分が税理士試験のカリキュラムについていけるのか?

・自分が税理士試験の勉強が好きになれるのか?

という適性を試すための「お試し期間」と思ってチャレンジすることをおすすめします。

1年間勉強した結果、「科目合格できた」あるいは「不合格だったけど合格まであと少しの点数だった」という場合は、今後も税理士試験を継続していける可能性が高いです!

その場合は、大手予備校も選択肢に入れて改めて方法を検討しても良いのではないかと思います。

あなたが万が一途中で勉強をやめてしまう可能性も考慮し、その場合の金銭的な損失をできるだけ小さくするためにも、まずは格安だけど官報合格も出ている「スタディング」で試してみることをおすすめします。

 

無料体験でスタディングを試してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

②毎日が忙しくて勉強時間が限られている方

仕事や育児などでまとまった勉強時間が取りづらい方はスタディングがオススメです。

忙しい社会人が難関資格を取得する際、「スキマ時間の有効活用」が成功のカギを握っています。

スタディングは

●スマホ内に全ての教材が入っている
●講義が細かく分割して収納されている

といった特徴から、場所を選ぶことなく、ほんの数分のスキマ時間も無駄にせず勉強することが可能です。

分厚いテキストを持ち歩くことなく、好きなタイミングで好きな論点を勉強することができます。

スタディングは「スキマ時間を無駄にしたくない方」にとってはメリットが大きい学習教材です。

目次へ戻る

③勉強の継続が苦手な方

いつも三日坊主で、勉強の継続がちょっと苦手…という方にはスタディングをおススメします。

自宅で勉強するって予想以上にハードルが高いです。

●仕事でクタクタになる日が続く…
●ゲームやテレビの誘惑に負けてしまう…
●資格取得の苦労を理解してくれる人がいない…

でも、みんな同じ環境で頑張っています。

さきほどご紹介した「勉強仲間機能」を使うと、勉強仲間のコメントやカリキュラムの進捗状況などを閲覧できますし、コメントやいいねをすることで交流することができます。

税理士試験は何年もの長期間にわたります。

勉強を継続する上で、同じスタディングで税理士資格を目指す仲間の存在は非常に大きいです。

④できるだけコストを抑えたい方

コストを重視される方にはスタディングをオススメします。

税理士試験の受験科目5科目(最も人気がある組み合わせ)を1回ずつ受講した場合、合計額は以下のようになります。

スタディング 資格の学校TAC 資格の大原 クレアール LEC東京リーガルマインド
簿財2科目 70,950円 383,000円 383,000円 230,000円 225,000円
法人税法 61,578円 260,000円 251,000円 215,000円 123,200円
相続税法 61,578円 155,000円 155,000円 180,000円 123,200円
消費税法 61,578円 155,000円 155,000円 130,000円 99,000円
合計 255,684円 1,048,000円 1,040,000円 755,000円 570,400円

ご家庭をお持ちの方など、受講料をなるべく低く抑えたいという方にとって、スタディングは最強の教材と言えます。

 

スタディングを無料体験で試してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

試験勉強を始めるタイミング

税理士試験は毎年必ず「8月」に実施されます(年1回)。

出典:国税庁

勉強をスタートするタイミングはカリキュラムがスタートする8~9月がベストです。

では、8~9月以外はダメかというとそうではありません。

十分な勉強時間が確保できそうなら、12月までに勉強をスタートさせれば次の税理士試験に十分間に合うと思います。

整理すると次のようになります。

勉強のスタート時期

①:2021年5~10月スタート ⇒ 2022年の試験に向けてベストなタイミング

②:2021年11~12月スタート ⇒ カリキュラムに追い付けば2022年の試験に十分間に合う

③:2022年1月~4月スタート ⇒ 1科目だけなら頑張れば2022年の試験に間に合う

こちらは、スタディング公式ホームページ内にある「合格者の声」ですが、4か月の勉強で2科目合格された強者もいらっしゃいます。

(出典:スタディング公式HP

 

今すぐ無料体験で試してみる! ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

目次へ戻る

 

スタディング税理士講座を無料体験してみよう

僕の税理士試験の経験を踏まえて、できるだけ詳しくスタディング税理士講座について解説してみました。

とはいえ、僕の説明が不足しているところもあると思います。

やはり最後は、あなた自身の目で確認して頂くのが一番です。無料体験してみて「スタディングは自分には合わないな」と感じたら他の大手予備校を検討すればいいだけです。

無料体験の申し込みはとても簡単です。

あなたの「メールアドレス※」「パスワード」を入力するだけです。

※Gmail、ヤフーメールでもOK!

名前、住所、電話番号などの個人情報を入力する必要は一切ありませんので、自宅にダイレクトメールが届いたり、電話で勧誘されることもありません。

無料体験に申し込むと登録したメールアドレスにメルマガが配信されますが、頻度は月に3~4回程度です。

また、無料体験を解約したりメルマガ配信を停止する場合は、次の手順でカンタンに手続きできます。

マイページ ⇒ 会員情報 ⇒ 受講中講座・メルマガ 

消費税増税、新型コロナウイルスによる不況の到来、、、いよいよ自分で力で稼げる「手に職」が必要な時代がやってきました!

今行動に移せば数年後に税理士になっている可能性が生まれます

しかし、何もしなければ何年たっても税理士になる可能性はゼロです、、、。

 

\ まずは無料体験から! /

 

目次へ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA