在宅ワーク可能!経理職が転勤族の妻にオススメの仕事である理由

いわゆる「転勤族」の妻だと、人間関係の変化が激しくて孤独を感じてしまいますよね。

新しい環境になじんだところでまた転勤してしまうのはホントに辛いところです。

さらに、新天地でゼロから仕事を探す手間も無視できません。

こうした転勤族の妻にオススメの仕事が「経理」です。

もしも経理の経験があったり、関連する資格を持っていたりするのなら、なおさらオススメだといえます。

なぜなら、経理職への転職では、経験とスキルが重要視される傾向にあるからです。

この記事では、転勤族の妻に向けて、経理職を探す転職活動について解説していきます。

 

経理職を転勤族の妻にオススメする理由

企業にとって「経理」はなくてはならない部門です。

経理のスキルがある人材は多くの企業で評価されやすいでしょう。

転勤族の妻が経理職への転職を目指すべき理由について説明します。

経理職とは

企業における経理職とは、「お金の管理」全般を指します。

企業の最大の目的は利益を出し、成長を続けていくことです。そのためにはお金の管理が必須です。収支を正確に記録し、資産を把握しなければ事業計画に生かせません。

また、企業には毎年度、決算が待ち構えています。決算によって企業の収支を可視化させなければ、株主や金融機関から信用を得られないでしょう。

そして、精密な決算書を作るには毎日の積み重ねが重要です。すべての企業で経理の担当者が日々、収支を記録して決算に備えています。

もちろん、社外だけでなく社内に対しても経理は大切な仕事です。

会計帳簿や決算書の作成だけでなく、給料を計算するのも経理の担当です。

つまり、従業員が健全に働き、対価を得ていくためには、経理部門がしっかり機能していなくてはなりません。

そのほかでも、従業員の経費を精算したり、税金や仕入れ額を見直したりと、経理の仕事は細かく多岐にわたります。

経理職は正社員に限らず派遣社員が活躍している企業もありますし、パート職も歓迎されています。

 

会社には100%経理職が存在する

なぜ転勤族の妻にとって経理職が狙い目なのかというと、「経理職はすべての企業にある」からです。

経理を省いてしまえば、その企業は成り立ちません。決算書を作ったり、税金を正しく納めたりすることができなくなってしまいます。

つまり、どの地域のどの企業であっても経理職は存在します。そのため、転勤族の妻にとっては引っ越し先でリサーチしやすい仕事の代表格なのです。

そもそも、転勤族の妻の転職は非常に孤独な作業ですよね。

ただでさえ、新しい環境で新しい仕事を探すのは骨が折れます。そんなことを何回も繰り返さなければならないのは、なかなか人に理解してもらえない辛さです。

せっかく条件のいい企業で働けたとしても、夫が転勤すれば退職せざるをえません。そのたび、「今度もいい仕事に恵まれるだろうか」と不安になってしまうでしょう。

経理職なら、どんな場所であってもすぐに採用枠が見つかります。企業の数だけ経理部門が存在するので、転職活動にそこまで時間がかかることは珍しいでしょう。

募集している企業が多いと、選択肢も増えます。数ある企業の中から条件を絞り込めて、納得のできる働き方へとたどり着きやすいのです。

 

経理職への転職は経験者が圧倒的に有利

どれほど経理職の募集が多くても、「簡単に転職ができるだろうか」と不安な人もいるでしょう。

また、条件のいい転職先は競争率が高いともいえます。応募が殺到する中、人事に興味を持ってもらえるかどうかは予測ができません。

それでも、これまで経理の仕事を長く続けてきた人であれば、転職活動を有利に進めやすくなります。

なぜなら、経理職は「経験者が求められているポジション」だからです。

理由の第一に、「専門性が高い仕事」である点が挙げられます。

経理を滞りなく遂行していくには、相応のスキルと経験が必要です。それだけの人材を企業が育成するには、かなりの時間と手間を要するでしょう。

それよりも、他の企業で経験を積んだ人材に来てほしいと考える企業は少なくありません。経理職は中途採用者に開かれた仕事だといえます。

第二に「業界内のルールに通じている人材が求められている」ことです。

一言で経理といっても、細かいルールは業種や業界によってまったく変わります。異なる業界から来た経理職が、新しい職場でルールに適応できなくて苦労するケースも少なくありません。

逆をいえば、近しい業種・業界で働いていた経理職は転職時に優遇される可能性が高いのです。

 

目次へ戻る

 

経理職になるために必要な資格

新しく経理職を目指す場合、いきなり企業から採用してもらえるわけではありません。

経理は経験とスキル重視の仕事なので、保有している資格も問われます。この段落では、経理職として働くために必要な資格について解説していきます。

日商簿記

就職や転職でチェックされる経理の資格はたくさんあります。その代表格が日商簿記検定だといえるでしょう

一般的に「簿記」という言葉を使うときは、日商簿記検定のことを指すケースが大半です。

そもそも簿記とは、企業の収支を正しく記帳して経営と財政を可視化していく技術です。そのため、経理の仕事の基礎となるスキルだといえます。

また、コストの感覚を研ぎ澄ませられることから、他の部門の人間が簿記を勉強する場合も少なくありません。

日商簿記検定は「級」を設定しており、段階に合わせて本人の修練度を確かめられる仕組みです。

まず3級の難易度は、ビジネスパーソン全般に求められる基礎知識を問われるレベルです。

専門性はそれほど高くなく、試験の出題範囲は商業簿記のみです。

これが2級になると、難易度はやや高くなります。試験範囲には工業簿記が加わり、合格率が極端に下がる回も珍しくありません。経理職で働くには、2級程度の知識を身につけたいところです。

そして、1級の試験では商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算から出題されます。合格すれば、上場企業でも通用するレベルの知識を証明できます。

経理には必須資格がないので、日商簿記検定を受けなければ採用されないと断言はできません。

ただし、経理職の能力を確かめられる資格ではあるので、求人条件に盛り込んでいる企業もたくさんあります。

日商簿記検定が応募条件に含まれている際は、「2級以上」のスキルが目安になりやすいといえます。

派遣やパートなど、正社員以外の働き方でも経理職を目指す以上、日商簿記検定は有利に働くでしょう。取得しておくと応募できる企業が増え、転職活動がスムーズです。

 

あわせて読みたい
スキマ時間にスマホで学習できるオンライン通信講座が人気です。日商簿記3級と2級の両方合わせても「2万円」ほどです!

現役税理士がスタディング簿記講座の評判・口コミ・特徴について解説します!

 

FP(ファイナンシャルプランナー)

転職活動を有利に進められる資格がFP(ファイナンシャルプランナー)です。

FPは投資や保険、税金などの対策についてのエキスパートです。そのスキルは経理だけにとどまらず、資産運用や不動産などに関しても発揮されます。

最新の社会保険制度や金融情報に精通しているのもFPの特徴です。出題範囲が重なる部分も多いので、日商簿記検定と一緒にFPの資格取得を目指す人も少なくありません。

FPが転職活動で評価されやすいのは、「幅広く仕事を任せられる人材」だからです。

FPならいわゆる事務作業だけでなく、税理士や会計士とのやりとりも可能です。資産運用や税金対策などの専門分野に関しては、FPから経営層にアドバイスを送ることも求められます。

お金の管理では頼れる人材であるため、「なんとかFPを確保したい」と考えてくれる企業は多いでしょう。

これだけ転職に有利な一方で、FPの資格試験はそれほど合格率が低くないのもメリットです。

試験は学科と実技に分かれており、3級であれば毎回、受験者の70~80%が合格しています。3級に合格しても、仕事にすぐ結びつけるのは難しいでしょう。

それでも、履歴書の資格欄に書き込める項目が増えるのは魅力です。さらに、2級以上を目指すうえでの入り口としてとりあえず3級を受験する人もいます。

次に、企業に注目されやすくなる2級の合格率は30~40%前後です。それでも、他の資格試験と比べれば際立って難しいわけではありません。

2級に合格すると、企業からは「専門的知識がある」とみなされやすくなります。

そして、1級の試験では学科の合格率が10%前後になり、かなり難易度は上がります。転職活動のためであれば、2級取得を目指すのが得策です。

 

目次へ戻る

 

経理職を探す方法

転勤族の妻が経理職を探すときは転職専門の支援サービスを利用してみましょう。

転勤となると、引っ越しの手続きなどで大忙し。

転職活動では、「手軽さ」「スピード」などを大切にしたいところです。

そのうえで、情報が充実している機関や転職サイトを選ぶのがコツです。

正社員から派遣・パートまで、本人の望む働き方に対応していることも欠かせません。ここからは、経理職の働き口を探す方法について解説します。

ハローワーク

厚生労働省による公共職業安定所の別名がハローワークです。

ハローワークを利用するメリットは、とにかく数が多いことです。

さまざまな市町村にハローワークは設置されているので、施設を探す手間がそれほどかかりません。自宅の近くにハローワークがあるようなら、通うのも苦にはなりにくいでしょう。

地域の求人に強く、知名度が低くても好条件の企業に出会える可能性もあります。さらに、ハローワークは登録が無料です。とりあえず、気軽に登録だけしておくのもひとつの方法です。

そのかわり、求人情報を検索するシステムがやや見づらいのはデメリットです。

ハローワークのシステムでは文字情報でしか企業をチェックできません。職員もすべての企業の詳細を把握しているわけではないので、仕事内容をうまく想像できないまま応募してしまうこともありえます。

「しっかりと企業の実態を見極めてから応募したい」というタイプには向いていない機関です。

 

転職サイト

企業の求人情報が並んでいるWebサイトをまとめて「求人サイト」と呼びます。

その中でも、転職情報に特化しているところが「転職サイト」です。

転職サイトの多くは登録だけなら無料で、企業検索、応募などを行えます。条件の絞り込みも簡単なので、給料や所在地、職種などに合わせたリサーチが可能です。

経理職で働きたいという希望がはっきりしているなら、転職サイトで条件の絞込検索をかけてみましょう。

その一方で、「情報の真偽が分かりにくい」のは転職サイトのデメリットです。

大前提として、転職サイトの求人情報には嘘が書かれているわけではありません。ただし、ネガティブな情報をあえて伏せていることはあります。

さらに、不利な条件を文章の書き方で、巧妙に誤魔化しているケースも多いのです。

転職サイトの情報はユーザー自身で吟味していかないと、転職後のミスマッチにつながりかねないので注意が必要です。

 

転職エージェント

専門のエージェントが担当してくれて、転職に関するアドバイスを与えてくれる支援サービスもあります。

これらの「転職エージェント」は基本的に登録無料で、スペシャリストに相談しながら転職活動を進められるのがメリットです。

エージェントは企業情報に精通しているので、ユーザーの希望に合った候補を絞り込んでくれます。しかも、Webでは確認しづらい情報まで提供してくれるため、入社後のミスマッチも未然に防げるのです。

履歴書の作成から面接まで、転職活動のプロセスごとに対策を練ってくれるのも心強いポイントです。また、自分から言い出しにくい「年収の交渉」まで行ってもらえるのは転職エージェントだけです。

転職エージェントは、「正社員」「派遣」「パート」といった雇用形態にも、柔軟に対応してくれます。

転職エージェントのデメリットは、担当者との相性でしょう。

人間的にしっくりこない担当者がついてしまうと、活動が滞ることもありえます。ただ、大手の転職エージェントはユーザーとの対話に関してもしっかり教育されているので、このようなトラブルは多くありません。

万が一、担当者と合わないと感じたら変更の希望も伝えられます。

 

オススメは転職エージェント

さまざまな転職の方法がある中、転勤族の妻が経理職を探すなら「転職エージェント」がオススメです。

理由はまず、「転職活動のスケジュール進行がスムーズ」である点です。

転職エージェントを利用すると、担当者の主導で応募から面接までの日程が組まれていきます。

引っ越しなどで忙しい中、一刻も早く転職活動を終わらせたい人からすれば、迅速に企業とマッチングしてもらえるのは大きな魅力です。

次に、「企業の内部情報」を教えてもらえるのも強みのひとつです。

企業によって経理職に求めるポイントは異なるため、普通に転職活動をする際には「自分は応募先に合っているだろうか」と不安になりますよね。

転職エージェントは、企業が掲げている理想の人材像を把握しています。

それらを事前に伝えてくれるので、履歴書や面接における対策を済ませておける仕組みです

「採用担当者に好まれそうな資格やスキルを強調しておく」といった作戦も立てられて、転職を有利に進められるというメリットがあります。

派遣やパートとして働きたい際にも、気軽に応募先の相談をできます。

 

あわせて読みたい
経理職に強い転職エージェントを5つ厳選しました。よかったら参考にして下さい!

経理・会計事務所・税理士に強い転職エージェント『5選』

 

目次へ戻る

 

経理ならフルリモートも可能

旦那様の転勤先が都会なら、企業も多く転職先を見つけるのも比較的ラクかもしれませんが、転勤先が田舎だと「そもそも企業が少ない…」なんてこともあります。

しかし、新型コロナウイルスの影響により、経理職など管理業務が在宅で行われることが当たり前になりました。

経理業務も在宅勤務で行われている企業がたくさんあります。

田舎に住みながら東京にある企業の経理業務をこなす、といった働き方も一般的になりつつあります。

フルリモート(完全在宅)の仕事に就けば、旦那様の転勤のたびに転職活動する必要がなくなりますね。

「でも、リモートワークなんてやったことないし自分にできるか不安…」という方も多いと思います。

そんな方には、フルリモート求人に完全特化した転職エージェントReWorks(リワークス)がオススメです。

リワークスでは、在宅ワークへの転職を有利にする「集中セミナー」を2日間みっちり受講した後で、求人紹介される仕組みになっています。

集中セミナーの内容
・履歴書の記入のしかた
・職務経歴書記入のポイント
・自己PR実践ワーク
・面接指導
・メイクアップ講座(女性限定)

転勤妻に限らず、以下のようなお悩みをお持ちの方にもリモートワークは最適です。

・コロナ禍の影響で仕事が無くて困っている
・育児や介護の問題で在宅型の仕事を探している
・地方在住で近くに求人案件が少ない
・会社内の人間関係にストレスを感じている 

フルリモートでの経理職に興味がある方は、リワークスキャリアカレッジの2日間集中セミナーを受講してみましょう。受講料は無料です。

リモートワークのプロに相談することで、リモートワークへのハードルが一気に下がるはずです。

 

2日間集中セミナーの内容をみて見る ⇒ リワークスキャリアカレッジ公式

 

まとめ

経理はどの企業でも100%存在する部署であり、やっている業務自体はどの企業でもさほど違いはありません。

また、経理職の採用においては経験者が圧倒的に有利なので、一度経理職を経験してしてしまえば転職活動もラクというメリットがあります。

旦那様の様の転勤のたびに、仕事探しでお悩みなら「経理職」に一度チャレンジしてみてはいかがですか?

 

あわせて読みたい
経理職を目指すなら「日商簿記2級」は必須です。スタディングならスキマ時間にスマホで学習できちゃいます!

現役税理士がスタディング簿記講座の評判・口コミ・特徴について解説します!

 

目次へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA