【税理士試験】所得税法の難易度・合格率推移は?

所得税法の難易度「★★★★★」  

所得税法の難易度はMAXの「5」です。

所得税法は税法科目のなかでも学習するボリュームが非常に多い科目です。

問題構成は理論問題が50%計算問題が50%となっています。

「所得税」は個人の儲けに対して国が課す税金です。

1億2千万人全ての国民に直接関係する税金なので、当然実務での利用頻度が高い税法といえます。

しかし、学習のボリュームが非常に多いため、社会人が仕事をしながら受験する場合、少しでも合格する確率を上げようとするなら、1年で所得税法1科目に的を絞らざるを得ないと思います。

法人税法と同様、仮に所得税法1科目に的を絞ったとしても、合格レベルに達するにはかなりの時間と労力を必要とします。

なので、働きながら受験する場合は、合格までに2~3年はかかるものと覚悟してチャレンジした方がいいと思います。

税理士になるには選択必須科目である「法人税法」「所得税法」のどちらかをクリアしなければならないのですが、「法人税法」の方が圧倒的に人気が高く、「所得税法」の受験者数は法人税法の3分の1程度です。

これを聞くと強者が法人税法を受験し、所得税法はなんだか手薄で合格しやすい気がしますが、受験者の中には意外にも法人税法を突破した強者が意外に多いので、受験生のレベルが高く合格は容易ではありません。

直近の2021年度(第71回)試験の受験者数は…

(出典:国税庁HP

 

第71回試験

所得税法受験者数 1,350人(全体の3.6%

全11科目受験者数 37,673人

選択必須科目なのにあんまり人気ないですね…。

所得税法の合格率

所得税法の合格率は、全11科目の合格率と比較すると「低め」の合格率で推移しています。

直近の202年度(第71回)試験をみると、

全11科目の合格率が16.5%所得税法が12.6

 

最後に

法人税法と同様に所得税法は実務での利用頻度も高く、できれば受験したいとお考えの方も多いと思います。

しかし、所得税法はとてつもない量の条文を暗記しなくてはなりません。

税法科目特有の「条文の丸暗記」がどうも受け入れられない方は、大学院で税法2科目免除を検討してみてもいいかもしれません。

あわせて読みたい
他の科目の難易度と合格率推移を確認したい方は、コチラの記事も参考にして下さい。

税理士試験の難易度・合格率ってどうなん?現役税理士が解説します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA