【税理士試験】相続税法の難易度・合格率推移は?

相続税法の難易度「★★★★☆」

相続税法の難易度は高めの「4」です。

相続税法の学習ボリュームは、法人税法、所得税法に次ぐ多さとなっています。

問題構成は理論問題が50%計算問題が50%となっています。

「相続税法」では相続税と贈与税の2つの学習範囲があるのが特徴です。

相続税は亡くなった人の財産を引き継ぐ(相続する)人が払う税金です。

贈与税は誰かから財産をもらった時に払う税金です。

全国で相続税の納税が必要な人は約8%と言われており、一部の富裕層にしか関係ない税金といえます。

件数が少ないとはいえ、相続税の申告で税理士が得る報酬はかなり高額になるケースもあります。

また、将来の相続税対策として資産家に金融商品や不動産を斡旋することで得る「手数料」も高額です。

今後の実務を考慮すると、ぜひ取得しておきたい科目だと思います。

また、相続税の申告は頻度が少ないこともあり「苦手」とする税理士も多いです。

そこに着目し、相続税申告に特化した税理士も増えています。

また、相続税法は税理士試験の最終科目として受ける受験生が多く、かなりの強者との競争となるので合格するのは容易ではありません。

これは税法科目全般に言えることですが、どの税法科目も科目合格をいくつか突破している受験生が多く、全体的にレベルが非常に高いです。

その中で上位約10%に入ることは至難の業。

税理士試験を終えるまでの平均期間が約10年といわれているのもうなずけます。

直近の2021年(第71回)試験の受験者数は…

(出典:国税庁HP

第71回試験
相続税法受験者数 2,548人(全体の6.8%

全11科目受験者数 37,673人

「相続税法」は、「簿記論」「財務諸表論」「消費税法」「法人税法」に次ぐ5番人気となっています。

 

相続税法の合格率推移

全11科目の合格率と比較すると「やや低め」の合格率で推移しています。

直近の2021年度(第71回)試験をみると、

・全11科目の合格率 16.5%

・相続税法 12.8

年々下がりつつあった相続税法の合格率ですが、2021年は少し持ち直した感じですね。

 

まとめ

相続税法は実務での利用頻度も高く、できれば受験しておきたい科目の1つです。

相続税に特化すれば、他の税理士との差別化にも繋がりますし、相続税対策として金融商品や不動産を斡旋することで得る「手数料」も期待できるので、大きく稼げる可能性があります。

また、税法科目特有の「条文の丸暗記」がどうしても苦手な方は、大学院での税法2科目免除も選択肢に入れると良いかもしれません。

あわせて読みたい
他の科目の難易度と合格率推移を確認したい方は、コチラの記事も参考にして下さい。

税理士試験の難易度・合格率ってどうなん?現役税理士が解説します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA