財務諸表論は難しい?難易度・合格率推移を詳しく解説します!

はらすけ
はらすけ
はじめまして、はらすけです。僕は限りなくブラックに近い中小企業を退職後、30歳から勉強を始め約6年かけて税理士になりました。(詳細な自己紹介はコチラ
こんなお悩みが解決します!
  • 財務諸表論の難易度は?
  • 財務諸表論の合格率推移は?
  • 簿記論と財務諸表論どっちから先に勉強すべき?
  • 簿財におすすめの予備校・通信講座はある?

この記事では、税理士試験の必須科目である「財務諸表論」について詳しく解説しています。

実際に簿財に合格した僕の個人的な意見も含みますが、これから財務諸表論に挑戦される方の参考になると思います。

では、最後までお読みください。

 

人気の税理士講座を徹底比較!
通信講座の2強!スタディング」と「クレアール」を徹底比較した記事です!

【税理士講座対決!】スタディングとクレアールどっちを選ぶべき?

クレアールとスタディングの税理士講座どっちを選ぶべき?徹底比較してみました

2022年7月10日

社会人におすすめ!「スタディング」「クレアール」「TAC」「大原」を徹底比較した記事です。

【税理士試験】 社会人におすすめの 予備校・通信講座 4選

【社会人】税理士試験の予備校・通信講座おすすめ「4選」

2022年8月13日

 

\知られてない!/

クレアールで簿財2科目を-業界最安値-で受講する方法

クレアールで簿財2科目を「業界最安値」で受講する方法!

 

財務諸表論の概要

会計科目の「財務諸表論」は「簿記論」と共に、税理士試験において必須科目となっています。

同じ会計科目ということで「簿記論」と同時に勉強する人も多いです。

財務諸表論は理論問題が50%計算問題が50%の構成で出題されます。

理論問題 50%

理論問題は、企業が利害関係者に対して作成する財務諸表の計算方法のルールや報告書の作成ルールについて記述形式で出題されます。

理論問題があるといっても、税法科目のように難解な条文を一言一句暗記する「修行」ようなものではなく、必要なキーワードがきっちり含まれていて、全体の意味が通っている回答が書ければOKです。

財務諸表論の「理論」を勉強することによって、普段新聞やニュースで見る企業の決算報告などの業績に関する話題も理解できるようになるので、勉強していて楽しい科目ではないかと思います。

計算問題 50%

計算問題は、財務諸表作成のルールにより貸借対照表と損益計算書等を作成する、簿記の計算問題が出題されます。

計算問題の難易度は簿記論よりも少しやさしいイメージです。

財務諸表論の難易度「★★☆☆☆」

財務諸表論の難易度は、5段階中の「2」と全11科目の中でも受かりやすい科目です。

財務諸表論の合格率推移

直近の2022年第72回試験では財務諸表論の合格率は14.8%

受験者数 合格者数 2022年合格率
簿記論 12,888 2,965 23.0
財務諸表論 10,118 1,502 14.8
所得税法 1,294 182 14.1
法人税法 3,454 425 12.3
相続税法 2,370 336 14.2
消費税法 6,488 740 11.4
酒税法 454 60 13.2
国税徴収法 1,709 235 13.8
住民税 476 82 17.2
事業税 269 38 14.1
固定資産税 910 167 18.4
合計
(延人員)
40,430 6,732 16.7

(出典:国税庁HP

続いて、財務諸表論の合格率推移(青線)です。

簿記論・財務諸表論合格率推移

財務諸表論の合格率は2019年(第69回)~2021年(第71回)までは非常に高い合格率でした。

しかし、2022年(第72回)の合格率は14.8%という結果となり、前年の23.9%から約9%も下がりました

合格率が下がったと言っても「税法9科目」と比べると合格率は高いです。

2022年 第72回 受験者数 合格者数 合格率
簿記論 12,888 2,965 23%
財務諸表論 10,118 1,502 14.8%
所得税法 1,294 182 税法9科目 13.0%
法人税法 3,454 425
相続税法 2,370 336
消費税法 6,488 740
酒税法 454 60
国税徴収法 1,709 235
住民税 476 82
事業税 269 38
固定資産税 910 167
合計
(延人員)
40,430 6,732

(出典:国税庁HP

財務諸表論の合格率14.8%なので、税法9科目の13%より1.8%高いです。

また、直近10年の合格率を平均すると次のようになります。

  • 11科目全体 15.3%
  • 簿記論 16.5%
  • 財務諸表論 19.1%

2022年はたまたま合格率が低かっただけの可能性もあります。

税理士試験は直近13年で受験者数が44%も減少していることから、国税庁は簿記論と財務諸表論の受験資格を撤廃するなど受験者数を増やそうと必死です。

ですので、個人的には税理士試験の「登竜門」である簿記論・財務諸表論の合格率は高めに設定するのではないかと予想しています。

財務諸表論は毎年合格率が高く「最も受かりやすい科目」とされていましたが、今度どうなるのか注目されるところです。

また、財務諸表論は簿記論と同様に税理士試験の「初心者」が多いため、税理士試験の圧倒的な勉強量に十分対処できなかったり、途中で勉強が息切れし、結果として「記念受験」となる受験生も結構います。

そのため、財務諸表論は他の税法科目などと比べると、受験生のレベルが比較的低いといわれています。

「記念受験」の人数を考慮して、税理士試験の予備校では模擬試験で上位30%以内に入れば合格レベルとしています。

財務諸表論の受験者数

財務諸表論は必須科目ということもあり、受験者数は全11科目の中で2番目の多さです。

財務諸表論の受験者数は直近2年は増加傾向にあります。

直近5年の受験者数(財務諸表論、税理士試験全体)は次の通りです。

財務諸表論 全体
2022年(令和4年)第72回 10,118 40,430
2021年(令和3年)第71回 9,198 37,673
2020年(令和2年)第70回 8,568 36,845
2019年(令和元年)第69回 9,268 41,158
2018年(平成30年)第68回 8,817 42,063

「景気が悪くなると資格を取る人が増える」と言われています。

2020年以降「新型コロナウイルス」「円安」「物価高」「増税」などの影響で将来に不安を感じ、資格を求める方が増えているのかもしれません。

令和5年から簿記論と財務諸表論は誰でも受験できるようになったので、今後は受験者数が増加する可能性が高いです。

財務諸表論のボーダーライン

大手予備校のTACと大原が公開している財務諸表論の「ボーダーライン」と「合格確実点」は以下の通りです。

大原 TAC
合格確実点 ボーダーライン 合格確実点 ボーダーライン
2022年 第72回 60 50 58 49~57
2021年 第71回 64 56 70 60~69
2020年 第70回 67 60 70 60~69
2019年 第69回 61 54 74 64~73

税理士試験は「満点の60%」で合格とされています。

税理士試験は満点の60%パーセントで合格

国税庁HPより

しかし、税理士試験は試験後に「模範解答」や「配点」が一切公開されないので、自分が試験で何点取れたのか全く分かりません。

ですので、受験生は各予備校が公開している模範解答とボーダーラインを頼りに、試験日から合格発表日までの約4か月間の行動を決めています。

1科目を1年がかりで勉強する税理士試験において、4か月も合否が分からないのは受講生にとってツラいところです。

税理士試験は国内屈指の難関資格でありながら「おかしい」と感じる点も多いです。

税理士試験のおかしな点について詳しく知りたい方は、こちらの記事「税理士試験のおかしいところ10選【それでも税理士を目指す理由とは】」を参考にして下さい。

財務諸表論の独学合格は可能か?

財務諸表論を市販のテキストと問題集のみの「独学」で合格することは可能かもしれませんが、おすすめしません。

おすすめしない一番の理由は、税理士試験が「競争試験」であるという点です。

競争試験なので、ライバルよりも高得点を取り、上位15%以内に入らなければ合格できません。

税理士試験ではほとんどの受験生が「予備校」か「通信講座」を利用し、受験のプロから指導を受けています。

さらに、受験生の中には「大学生」「受験専念」など、朝から晩まで勉強可能なライバルもいます。

そのようなライバル達の中で、市販のテキストと問題集のみで社会人が上位15%に入れるでしょうか…?

僕は難しいと思います。

これを読んでいるあなたは「早く資格を取り、資格を活かして稼ぎたい」と考えているはずです。

その目標を実現するためには、予備校や通信講座の利用は必須です。

税理士試験の独学が難しい理由については、こちらの記事で詳しく解説しています。

税理士試験の独学が「無理ゲー」だと思う5つの理由

税理士試験の独学が「無理ゲー」だと思う5つの理由

2022年2月27日

簿記論と財務諸表どっちを先に受験すべき?

財務諸表論と同じく会計科目である「簿記論」。

どちらを先に勉強した方がいいかについては、様々な意見があり、正直どれが正解なのかは分かりません。

ここでは、僕の個人的な意見を述べたいと思います。

財務諸表論を優先すべき!

どちらか1科目に絞るなら「財務諸表論」を先に受験した方がいいと思います。

これから税理士試験を始める方にとって「自分は税理士試験で通用するのか?」という不安が最も大きいのではないでしょうか?

この不安を解消する方法は「合格すること」しかありません!

早く最初の成果を得るためにも、合格率が高い財務諸表論に的を絞った方が良いと思います。

また、予備校では財務諸表論は簿記論に比べて実力が出やすい科目だと言われていました。

実際、簿記論では見たことが無いような難解な問題が出題され、受験生が面食らうことがあります。そのため、実力を思うように発揮できず不合格になるケースも多いです。

一方、財務諸表論では過去問に沿ったオーソドックスな出題が多い印象なので、普段の実力が発揮しやすい傾向にあります。

このような理由から、僕は財務諸表論を優先した方が良いと思っています。

理想は簿財2科目同時!

理想は簿財2科目同時に勉強することです。

簿財2科目同時で学習を進め、もし途中で2科目は厳しいと感じたら簿記論を捨て、財務諸表論に絞るといった作戦をおすすめします。

簿財2科目同時学習をおすすめする理由は次の通りです。

  1. 学習のマンネリ化を防止できる
  2. 学習の相乗効果が見込める
  3. 2科目合格の可能性がある

①学習のマンネリ化を防止できる

簿記論の計算問題だけを毎日ひたすら勉強するのは正直疲れます。

理論問題がある財務諸表論も並行して勉強することで、計算漬けで勉強がマンネリ化することを防止する効果があります。

②学習の相乗効果が見込める

また、簿記論と財務諸表論はどちらも「簿記の計算問題」が出題されるため、学習範囲がかぶっている部分もかなりあります。

簿財2科目同時に学習することで「学習の相乗効果」が生まれ一石二鳥です。

③2科目同時合格の可能性がある

途中で財務諸表論1科目に絞ったとしても、簿記の計算については財務諸表論でも学習します。

なので、仮に勉強不足で簿記論に望んだとしても、合格する可能性がゼロでないのです。

僕は勉強不足というか、勉強時間ほぼゼロで簿記論に合格した経験があります。詳しくは下の記事でご紹介しています。

簿記論に4回も落ちた!簿記論が難しいと言われる理由と攻略法を解説

2022年8月2日

以上の理由から、簿財2科目同時学習が理想的だと思っています。

 

⇒【スタディング体験談】仕事や育児のスキマ時間で勉強して簿財2科目合格

 

財務諸表論の勉強時間は?

財務諸表論の合格を目指するなら、1年で「360~450時間」の勉強が必要です。

各予備校・通信講座が公開している「勉強時間の目安」は次の通り。

クレアール スタディング 資格の学校TAC 資格の大原 LEC東京リーガルマインド
簿記論 360時間 450時間 450時間 400時間 450時間
財務諸表論 360時間 450時間 450時間 400時間 450時間
法人税法 480時間 600時間 600時間 600時間 600時間
相続税法 370時間 450時間 450時間 520時間 450時間
消費税法 260時間 300時間 300時間 300時間 300時間
国税徴収法 150時間 150時間 170時間

ただ、学習を始める時点の「簿記知識の度合い」によって勉強時間も異なります。

財務諸表論の場合、日商簿記1級をお持ちの方でしたら、450時間で合格レベルに達する可能性が高いです。

しかし、簿記3級程度の知識だと450時間では足りない可能性もあります。

財務諸表論におすすめの予備校・通信講座

個人的ににおすすめなのは通信講座の「スタディング」と「クレアール」です。

税理士試験と言えば予備校の「TAC」か「大原」じゃないの?と思うかもしれません。

僕は実際にTACと大原の通学講座を利用して税理士になることができました。

しかし、不満に感じるところが2点ありました。

  1. 受講料が高すぎる!
  2. カリキュラムが多すぎて消化しきれない!

スタディングとクレアールはこの2つの問題点を解消しています。

受講料が高すぎる!

TACや大原は教材やサポートは充実していますが、受講料が高いのが難点でした。

財務諸表論は簿記論とセットで勉強するのがスタンダードなやり方です。

TACや大原で簿財2科目を受講すると1年で40万円近くかかります。

僕は働きながらの受験ということで収入はありましたが、それでも一か月の手取り以上の受講料はきついです。

合格すればまだ救われるのですが、不合格になると翌年また課金しなくてはなりません。

合格するまで高額な受講料を払い続けるのはかなりの負担でした。

高額な費用負担の悩みを解消できる教材として、スタディングが社会人を中心に人気を集めています。

スタディング累計10万人 ⇒【スタディング体験談】仕事や育児のスキマ時間で勉強して簿財2科目合格

 

スタディングは簿財2科目で59,800円から、不合格で再受講する場合も23,800円からと圧倒的なコストパフォーマンスです。

クレアールも簿財2科目で230,000円と比較的リーズナブルです。

受かるかどうかも分からない税理士試験に、最初から約40万もの大金を投じるのはためらうと思います。

せっかくヤル気になっても、ご家族の生活や住宅ローン等を考えると、高額な受講料を旦那様や奥様が了解してくれない可能性もあります。

5科目合格するまで平均10年かかると言われている税理士試験では、毎年の受講料は決して無視できないポイントです。

試しに無料体験してみる ⇒ スタディング税理士講座【公式】

カリキュラムが多すぎて消化できない!

TACや大原は教材は学習範囲を網羅的にカバーしているので学習に漏れが無い一方で、カリキュラムのボリュームが多いというデメリットがあります。

時間に余裕がある「学生」「受験専念」の方には良いのですが、働きながら勉強している社会人はカリキュラムの消化不良を起こしがちです。

その点、スタディングとクレアールは時間が無い社会人に向けてカリキュラムの開発を行っています。

学習範囲を出題頻度が高い論点に絞り、そこを徹底的に学習するスタイルです。

税理士試験で合否の差が付くのは「簡単な問題をいかに正確に解けたか」という点です。

ですので、難しい問題を頑張って解いても、合否への影響は限定的なのです。

勉強時間に限りのある社会人には、的を絞ったカリキュラムのスタディングとクレアールが合っています。

財務諸表論はスタディングかクレアールがおすすめ

財務諸表論を受験するなら通信講座の「スタディング」か「クレアール」がおすすめです。

  • 受講料が安い
  • 簿財の短期合格に力を入れている

受講料が安い

何と言っても、スタディングとクレアールは受講料が安いというのが最大のメリット。

税理士試験にチャレンジする際、最初に受けるのが財務諸表論という方も多いと思います。

始めて税理士試験に挑戦するときは「自分が税理士試験で通用するのか不安…」という方がほとんどです。

合格できるか不安なうえ、さらに高額な受講料を負担するとなると、始める前から精神的に追い詰められてしまいます。

中にはご両親やご主人、奥様に受講料を出してもらう方もいらっしゃるでしょう。

その場合はご家族からのプレッシャーも加わりますので、精神的にさらにしんどくなります。

また、大学院での「税法2科目免除」を予定している場合、大学院の学費が約200万円かかります。

「簿財の受講料はできる限り安く抑えたい」という方にもスタディングとクレアールは最適です。

財務諸表論チャレンジ1年目で見事合格すれば最高です。

しかし、そこは国内屈指の難関資格、スムーズに行く人ばかりではありません。

税理士試験は2回で1科目に合格できれば順調という感じです。

仮に簿記論と財務諸表論を2回受講すると、受講料の合計は次のようになります。

TAC 大原 スタディング クレアール
1回目 390,000円 383,000円 59,800円 230,000円
2回目 370,500円 371,510円 23,800円 161,000円
合計 760,500円 754,510円 83,600円 391,000円

同じ科目を2年続けて受講する場合、各学校とも受講料が割引されます。

大手予備校は強気の価格設定なので割引率が3~5%と少ないです。

一方、スタディングとクレアールは2年目以降の割引率も高いです。

スタディングは割引率60%、クレアールは割引率30%。

2年受講することを想定するとスタディングならTAC・大原の1/9の受講料クレアールならTAC・大原の1/2の受講料です。

「投資は少額から始めよ」とよく言われます。

資格取得は自己投資であり、投資であることに変わりはありません。

まずは、少額から始めることをおすすめします。

簿財の短期合格に力を入れている

スタディングとクレアールは簿財の短期合格に力を入れています。

大手予備校の場合、簿記論と財務諸表論は別々の講師が担当します。

一方、スタディングとクレアールは簿記論と財務諸表論を同じ講師が担当します。

簿記論も財務諸表論も同じ「会計科目」。

簿財2科目を同じ講師が担当することで、講義に一貫性があり聞いていて違和感がありません。

短期合格を目指すうえでスムーズな理解は欠かせません。

また、簿記論と財務諸表論はともに「簿記」に関する科目です。

ですので、学習の内容がかぶる部分も多いのです。

スタディングとクレアールは簿記論と財務諸表論をあわせて1科目ととらえカリキュラムを開発しています。

スタディングは「簿財2科目セットコースのみ」、クレアールは「簿財アドバンス」という簿財専用のコースを設けるほど簿座短期合格に力を入れています。

ですので、インプット学習時間が大幅に短縮されています。

このように、簿財に力を入れているスタディングとクレアールなら、仕事や育児で忙しい社会人でも短期合格が目指すことが可能です。

⇒【スタディング体験談】仕事と子育てをしながら簿財2科目合格!

 

ガッツリ無料体験できる

スタディングとクレアールはガッツリ無料体験できるのもメリットの一つです。

いくら受講料が他社より安いと言っても、税理士試験の通信講座は高額なお買い物

後から後悔しないように事前にしっかり体験しておきたいです。

スタディングもクレアールもしっかり無料体験ができるので安心です。

特にスタディングは「動画講義」はもちろん「理論暗記ツール」「スマート問題集」「トレーニング問題」「テーマ別演習」「実力テスト」と使用できるほとんどのツールが無料体験できます。

無料体験の充実度はスタディングがナンバーワンです。

スタディングは「メールアドレス」と「お好きなパスワード」を入力するだけで今すぐ無料体験ができます。

スタディング税理士講座(無料体験申込フォーム)

無料体験しても一切勧誘されないのでご安心ください。

 

無料体験はこちらから ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

また、クレアールは資料請求すると「テキスト」「講義DVD」「パンフレット」を送ってもらえます。

資料請求して2~3日で届きます。

クレアールは選択できるコースが多く複雑なので、紙のパンフレットで確認した方がコース選択をミスらないです。

クレアール税理士講座の無料資料請求の方法は?勧誘はある??

講義DVD・テキスト・パンフレット

クレアール税理士講座パンフレット(コース選択)

コース選択が多く少し複雑…

さらに、資料請求した方限定の「特別割引クーポン」も同封されています。クレアールを候補としてお考えなら必ずゲットしておきたい割引クーポンですね!

クレアール税理士講座(資料請求者限定 特別割引クーポン券)

資料請求者限定の特別割引クーポン

クレアールに資料請求しても一切勧誘されないのでご安心ください。

また、クレアールはコース選択や割引の組合せによってスタディングよりも安く簿財2科目を受講することができます。

 

\知られてない!/

クレアールで簿財2科目を-業界最安値-で受講する方法

クレアールで簿財2科目を「業界最安値」で受講する方法!

 

 

資料請求はこちらから ⇒ クレアール税理士講座【公式】

 

スタディングもクレアールも「安いけど本当に合格できるの?」と心配になるかもしれません。

そこで、税理士である僕がこの2つの通信講座を実際に使ってみました。

スタディング税理士講座を徹底解分析した記事「スタディング税理士講座では受からない?評判・口コミを現役税理士が徹底解説」もぜひ参考にして下さい。

スタディング税理士講座では受からない?評判・口コミを現役税理士が徹底解説

スタディング税理士講座では受からない?評判・口コミを現役税理士が徹底解説

2022年10月21日

また、クレアール税理士講座を徹底分析し、簿財2科目を業界最安値で受講する方法を解説した記事はこちらです「クレアール税理士講座は受からない?評判・口コミを現役税理士が解説」。

クレアール税理士講座は受からない? 評判・口コミを現役税理士が解説

クレアール税理士講座は受からない?評判・口コミを現役税理士が解説

2022年7月3日

どっちが良いのか比較して見てみたいという方にはこちらの記事「クレアールとスタディングの税理士講座どっちを選ぶべき?徹底比較してみました」を参考にして下さい。

【税理士講座対決!】スタディングとクレアールどっちを選ぶべき?

クレアールとスタディングの税理士講座どっちを選ぶべき?徹底比較してみました

2022年7月10日

財務諸表論を取れば転職できる?

財務諸表論1科目でも転職は可能です。

財務諸表論が有利に働く転職先としては、「会計事務所」や「一般企業の経理職」です。

財務諸表論は「学習範囲の広さ」「合格率の低さ」「勉強時間の多さ」から難関資格と呼んでもおかしくありません。

実際に、会計業界に特化した転職サイトの求人を見てみると、税理士や公認会計士に混じって「税理士科目合格」というカテゴリーが存在するほどです。

MS-japan求人検索(税理士科目合格)

MS-japanのHPより引用

特に会計事務所は税理士試験の科目合格を高く評価してます。

財務諸表論は税理士試験の1科目にすぎませんが、転職において威力を発揮します。

僕も33歳の時、財務諸表論1科目のみで会計事務所へ転職しました。

もちろん会計事務所は未経験です。

また、僕の友人は簿記論と財務諸表論の2科目で一部上場の超有名メーカーに転職しました。

このように、財務諸表論は転職の選択肢を大きく広げる価値ある資格と言えます。

 

まとめ

財務諸表論は合格率の高さもさることながら、科目合格を果たすことで就職や転職でも非常に役立つ科目です。

これから、税理士試験を始めようとお考えなら、「簿記論」「財務諸表論」から始めると良いかと思います。

 

今すぐ無料体験してみる! ⇒ スタディング税理士講座【公式】

 

あわせて読みたい
スタディングなら簿財2科目あわせても受講料は約7万円安いけど本当に受かるのか心配な方は、こちらの記事も参考にして下さい。

スタディング税理士講座では受からない?評判・口コミを現役税理士が徹底解説

スタディング税理士講座では受からない?評判・口コミを現役税理士が徹底解説

スタディング税理士講座では受からない?評判・口コミを現役税理士が徹底解説

2022年10月21日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA